2016年05月01日

ラスボス未攻略

GW明けの本申請に向けて絶賛原型製作中の日々なんだけど
大型連休(なお仕事の関係で休みは飛び石な模様)でこれだけ天気も良いのに
家に篭りっきりなのもどうかということで、前から続けてる大阪府下の市役所巡りに出発。
と言っても急に思い立ったわけじゃなく、ちょっと前から相崎と計画してたんだけどね。
国道26号を南下して岬町まで行き、府道204号(旧26号)を北上して
その途中にある役場やら模型屋、古本屋を回るという感じ。

ただ前日になってo9dが急遽参加することに。
まぁ、彼もロード買ったから乗り回したいだろうしさ。
でも私も相崎もクロスバイクで、しかも遅い方だからストレス溜まりそうなものなんだが・・・

私は大阪市内、相崎は富田林市在住なので、待ち合わせは26号沿いでちょうど間ぐらいの
コーナン阪和鳳店の駐車場に10:00集合ということになった。
o9dは奈良の学園前からだが、頑張ってくれ(笑)

当日、起床したのが08:34。
出発予定時刻が08:30・・・おぉい、早速寝坊かよ(笑)
さすがに朝飯抜きで自転車乗るのは危険なので、艦これの遠征を出しながら(ヲイ)サンドイッチを食い、15分で出発準備。
08:50には自宅を出発した。

過去の経験から割り出した所要時間は1時間15分だったのでちょい遅刻かと思いながら向かってみたら
09:45に待ち合わせ場所に到着。
初っ端から疲労しないようにそんなに飛ばしたつもりはないんだけど意外に早く着いたので我ながら驚き。
集合場所には相崎はすでに着いてたけどo9dがまだ未着。

20160501map01.jpg

私や相崎は土地勘があるので集合場所は知ってたけど、o9dは土地勘無いからなぁ。
前日も「来る時迷うかも」と言ってたから多少遅れるのは仕方ないと思ってたんだよね。
まさか1時間も遅れるとは思わんかったが(笑)
時間を読み違えたり、途中迷ったりは私もするが1時間遅れるのはさすがに無いかなぁ?

この時点で出発が1時間遅れた上に、相崎が思ってた以上に身体が鈍っててコーナンに来るまでで結構しんどかったということだったので、
岬町行きは諦めて15:00を目処に行けるところまで行こうということで11:00にコーナンを出発。
しばらくはこの辺りに詳しい相崎を先頭に国道26号を南下し高石市役所へ。
そんなに遠くなかったので20分ほどで高石市役所に到着。

20160501a.jpg

周囲に特に用事も無かったので撮影後早々に出発。
次の目標は和泉市役所なんだけど、途中に模型店があるということで相崎先頭で府道219号を南東へ。
国道26号、JR阪和線を越えて府道30号との交差点を右折し今度は南西へ。
30分弱で信太山駅にほど近い住宅街の中にある文具と模型・おもちゃの店「みどり文具店」に到着。

20160501b.jpg20160501map02.jpg

店内はプラモ5、おもちゃ3、文具2と言った感じで、プラモやおもちゃは新し目のものから
かなり長いことこの店に眠ってたであろうモノも結構あって、それなりに珍しそうなものもチラホラ。
出発していきなり荷物増やすのもどうかと思ったけど、24ゾイドのネプチューン(トイズドリーム版)が定価で売ってたので即購入(笑)
レアかどうかは分からんけど、とりあえず持ってなかったからね。
他にも気になる商品がいくつかあったので、また今度覗いてみよう。

20分ほど店に居たけどお昼を回ったので和泉市役所に行った後、昼メシにすることに。
変わらず相崎の先導で府道30号を南西に進み、10分程度で和泉市役所に到着。

20160501c.jpg

撮影もそこそこにメシ処を探して和泉府中の駅前に移動。

20160501map03.jpg

思ったよりメシ処は無かったもののラーメン屋があったのでそちらに入店。
野菜ちゃんぽんとチャーシュー丼を頼むも、意外に量があったので相崎に手伝ってもらう。
結果的には腹八分目だったので無理すりゃ完食できたと思うけど、腹が苦しくてペダリングに影響出るのもどうかと思うしね。
それにしても食う量が減ったもんだ・・・

ラーメン屋を13:00前に出発し、近くのドラッグストアで補給食や飲み物を調達したらすでに13:15。
国道26号に復帰して次の目標は熊取町役場・・・の前に、以前和歌山に行った時に看板を見かけた岸和田模型に行ってみることに。
岸和田模型も相崎が場所を知ってると言うことで、相崎先導で国道26号を30分ほど走行し、岸和田模型到着!
・・・日曜はラジコン飛行機&ヘリの指導のため17:00以降開店とのこと。残念!

20160501d.jpg20160501map04.jpg

さすがに17:00まで待つのはムリ(帰りが暗くなるし、翌日が仕事/泣)なので熊取町役場に出発。
これまでずっと先頭で疲れ気味の相崎に代わって先頭は私に。
ちなみにロードで一番速いo9dは今日は基本的に最後尾。
速すぎて私らがついて行けんし、迷って1時間遅れるヤツに土地勘無い道を走らせるのは怖い(笑)

途中に貝塚市役所への道があったけどこれはスルー。
時間的に泉佐野市役所が限界っぽかったのでそこで引き返して、旧26号に入る途中で寄ることにした。
熊取町役場には30分ほどで到着。

20160501e.jpg

この時点で相崎の疲労がかなり酷くなってたので、町役場の前にあったベンチでしばし休憩。
ダウンしてる相崎をよそにo9dがみんなの自転車の乗り比べをしてた。
o9dは折角買ったカーボンロードにイマイチ満足できてないらしい。贅沢な(笑)

結局30分ほど休んで15:00になったので時間的には引き返す頃合だったけど泉佐野市役所が割と近かったので
そこまで行って引き返すことに。
相崎に考慮して速度を抑えつつ30分ほどで泉佐野市役所に到着。
市役所前で道を横断しようとしたo9dが段差を降りようとしてジャックナイフしてコケてた。なにやってるんだ・・・

20160501f.jpg

泉佐野市役所から国道26号を折り返し、やはり30分ほどで貝塚市役所に到着。
ってか、この辺りって時速20km/hで走ったら30分ほどで隣の役場に着くようになってるのか?

20160501g.jpg20160501map05.jpg

貝塚市役所はサクッと写真撮っただけだったけど、相崎情報で南海貝塚駅の近所に古本屋があるとのことだったので
そちらを覗いてみることに。

20160501h.jpg

割と大き目の古本屋で私とo9dは戦争関連のところばかり見てたけど、見て回ったらいろいろありそうな感じだった。
この店も近くまで行くことがあったらまた覗いてみよう。
近くのコンビニでトイレ&追加補給を行うともう17:00前。
そろそろ陽も暮れだしてきたので次の目的地である岸和田市役所へ。

ここからは府道204号(旧26号)を北上するルート。
貝塚から岸和田市役所は近所なので20分弱で到着。
岸和田は市役所の傍に岸和田城があるので、どうしても見所はそちらになってしまう。
と言っても時間も無いので府道204号から天守閣の見えるアングルでとりあえず一枚だけ。

20160501i.jpg

近所の市役所もサクッと撮って出発。

20160501j.jpg

と、岸和田駅前商店街の前を通りがかった時に「時雨餅本舗」の看板が!!

20160501k.jpg

時雨提督なo9dがこれをスルーする訳が無い。
店頭に並んでた箱はどれも大きくて持って帰るのは厳しそうだったけど
奥に一口サイズの商品もあったらしく、o9dが買ってきたのをみんなでつまんだ。
餅という名前だったけど蒸しパンみたいな感じで、甘さ控えめで美味しかったけど喉が渇くお菓子だった。

で、出発しようとすると何故かo9dのロードのチェーンが落ちて急遽修理するハメに。
何で落ちたのかは本当に謎(笑)
今日のo9dは色々やらかしてくれるなぁ。
そんなこんなで17:40、忠岡町役場に到着。

20160501l.jpg20160501map06.jpg

・・・町役場というのに立派な建物だなぁ。
こないだ行った能勢町の役場なんてそれはもうショボかった(失礼)のに。
まぁ、人口密度が段違いだから単純比較できんのは分かるけどさ(笑)
時間も無いので早々に出発し、忠岡町からほど近い(と言うか忠岡町が狭い)泉大津市役所に到着。

20160501m.jpg

羊毛の町とのことで市役所の看板の前に羊の置物が鎮座してた。
40年以上大阪に住んでるけど泉大津が羊毛の町ってのは初めて知った。
やはり行ってみないと分からんことはたくさんあるものだなぁ・・・

陽も落ちつつあったので本日の市役所巡りはここで終了!
富田林方面に帰る相崎とはここでお別れ。
o9dは都合があって難波から輪行で帰るとのことだったので、私と共に府道204号→国道26号を北上することに。

今日は相崎の体力面を考慮して20km/h程度に抑えて走ってたけど、ここから一気に巡航速度アップ!
堺に近づいて道も良くなってるので27km/hで疾走だぜ!!
・・・はい、30分保たずにヘバりました(泣)
当然ながらo9dはラクラクついてきてるし、先頭を交代してもらったらついていくのがまたしんどい・・・
まぁ、それでも泉大津から難波まで1時間ちょいで帰ってきたから結構良いペースだったのかもしれない。

20160501map07.jpg

って、地図見たら待ち合わせ場所に来る時も同じようなペースだったのか。
もしかしたら結構地力ついてきたのか・・・

と言うわけで、、本日の記録
走行時間:4:23:07
走行距離:81.93km
平均時速:18.6km/h

さすがに山を登らなかったら平均速度はそこまで落ちんね。
信号待ちで落ちた分を帰りで取り戻した感じか。

今回の制覇は高石市、和泉市、熊取町、泉佐野市、貝塚市、岸和田市、忠岡町、泉大津市。

20160501map08.jpg

岬町、阪南市、泉南市、田尻町と南西部の先っぽが残ったのが悔やまれる。
GW後半に岸和田に行く予定はあるんだけど、ここらへんまで足伸ばせるかは微妙だしなぁ。
次いつ行けることやら・・・
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 自転車

2016年04月23日

おおさかのてっぺん(でも一番高いわけじゃない)制覇

前回の南河内行きの後、ルートラボやらストリートビューを見ながら次の目的地を考えてたんだけど
最難関と思われていた能勢が意外とそうでもない?感じがした(その代わり豊能町は
ガチで大変っぽいのが分かった)ので早速チャレンジ。
ただ、今回はルート的に融通が利かない上に夜から雨との予報だったので
基本的に行きと帰りが同じルートという面白くない行程になってしまった。
だってルート変えたら山登るしかなくなるんだもん(泣)

自宅出発は8:30
天気は今のところ晴れで気温もさほど高くなく、風もあんまり無いという実に自転車日和。
ルートも豊中市までは通ったことある道で、基本的に池田周辺までは国道176号を行くつもりなので
まぁ、迷うことは無いだろうと気楽に出発。

堺筋を北浜まで北上し、中ノ島に入ると中央公会堂前を右折してさらに北上。
神山の交差点を左折するとすぐに新御堂(国道423号)との交差点に入るので右折して北上。
鶴野町北の交差点を左折すると阪急の高架をくぐって国道176号に合流できる。
ちなみにこの辺は歩道走行した方がルート的にラクだったりする。
どうせ信号だらけでロクにスピードも出ないしね。

梅田周辺は交通量も多い上に交差点がワケ分からん状態なので、
梅田自体に用事があるとき以外はこのルートで迂回してる。
新御堂のあたりだけは人が多いけど、大阪駅周辺に比べたらだいぶマシ(笑)

国道176号に入るとすぐに十三大橋。

20160424map01.jpg

ここで写真を一枚。

20160424a.jpg

ここは阪急の神戸線、宝塚線、京都線という主要三線が集まって淀川を渡るんだよね。
当然各線は別の線路の上にすべて複線化されてるから全部で6線(レール12本)が集中してるということに。
もうトラスマニア(居るのか?)大歓喜。
何故か一番東側の京都線にはトラスがないんだけどね。
ちなみに渡ってる十三大橋もトラス構造なのでトラスマニア(略)

20160424b.jpg

私は見るのは好きだけど模型で作るのはイヤだなぁ・・・

で、ここからは基本的に国道176号を北上するだけ・・・のはずだったんだけど
十三の交差点で間違って府道41号の方に入ってしまった!
しばらく走って(何か見覚えのない道だよなぁ)と思って確認してミスが判明したんだけど
人間思い込みは良くないよね(笑)
神埼川沿いにリルートして国道176号に復帰したけど多分10分程度はロスしてると思う。

国道176号を北上して10:00過ぎに豊中市役所到着。
ここまでは特に変わったことなし。
道もフラットだったし、前述の通り通ったことある道だしね(←でも迷ってる)。

20160424c.jpg

で、豊中市役所を過ぎたぐらいで飲み物や食料を補給しようと考えてたんだけど
国道沿いなのに何故かコンビニが見当たらない!?
結局阪急石橋駅前で発見するまで補給できなくて結構焦ったよ(笑)
そんなこんなで池田市役所には10:40到着。
ここまで約2時間、関空に比べたら伊丹は近いなぁ。

20160424d.jpg20160424map02.jpg

さて、都市部はここまで。
ここから国道173号(能勢街道)に入って一旦兵庫県に出て徐々に山間部に入っていくわけだけど、
能勢電鉄の畦野(うねの)駅あたりまでは他の国道沿いで見るような郊外店が見かけられるので、
あまり山間部っぽくない(笑)
ただ、基本的に猪名川沿いに走るのでかなり景観は良い。

20160424e.jpg20160424f.jpg20160424g.jpg

その代わりアップダウンも相応に増えてくるんだけどね・・・
特に一の鳥居〜畦野あたりは距離は短いものの斜度5.2%と結構な坂道でかなりキツい。
しかもここ丘?なので帰りにも登らないといけないんだよね(泣)

畦野を過ぎると山下町のあたりで道がややこしいことになってる。
能勢街道的にはトンネルに入る道になるみたいだけど、その道の入り口にこんな標識が立ってたので即スルー(笑)

20160424i.jpg

まぁ、ルートラボでここのトンネルは斜度的にムリってのは分かってたのでもともとスルーするつもりだったんだけど
現地で標識見て笑ってしまった。
何でこの斜度で軽車両進入禁止じゃないんだよ(笑)
ちなみに写真撮れる状況じゃなかったのでこの画はストリートビューのもの。

一方、国道173号は北摂里山街道という名前になって九十九折の坂道を登ってるんだけど
これまたかなり急勾配の坂道っぽい。
大多数の車は能勢街道の方に行くだろうからそこまで交通量は多くないと思うけど
確実にトンネルより斜度のキツい坂なので私にはムリ。

と言うわけで市街地を迂回することになるんだけど、目的地が同じ以上は迂回路でも同じ高さまで登る必要あるわけで
迂回路もこんな有様(笑)

20160424h.jpg

ちなみにこれもストリートビューの画像。
もうね、自転車に乗る以前に押して上がるのもしんどいレベル。
この辺は事前調査で乗って登るの諦めてたあたりなので素直に押して上がったとさ。
井補野まで押して上がってたら、横をローディーの人がちゃんと国道を漕いで登っていった。
ローディーすげぇな。

坂を登るとそこは一庫(ひとくら)ダム。
一庫大路次川に作られたダムで合流する猪名川の治水のために建造されたそうな。
ダムができたおかげで上流は知明湖というダム湖になったらしい。

20160424map03.jpg

ダムの傍らが休憩所っぽくなってたので、ここで小休止。
ダム到着時点でちょうど昼頃だったので、途中のコンビニで購入しておいたおにぎりを食べる。
前回反省を生かして、早め早めの食料摂取と店が無い事態を想定して準備しておいたわけだね。
いやまぁ、それが当たり前ちゃあ当たり前なんだけどね(笑)

20160424j.jpg

休憩ポイントから撮影。
能勢街道のトンネルを抜けるとあの橋を渡ってくることになるらしい。
はは、冗談だろ(笑)

ダム付近からまた能勢街道=国道173号になるわけだけど、この道がまた山にトンネルを空けて
直線的にゴリゴリ登っていく道。
山間部なので片側一車線で路肩は一応あるけどかなり狭い上に
大阪から綾部や福知山に抜ける道の一つでもあるので交通量はかなり多いと
山登りが苦手な私には厳しすぎる道なんだよね。
でも能勢町役場に行ける道はこれしかない・・・と思ってたら実は別の道があった!!

前述の知明湖沿いに国道173号の旧道?があり、そこまでキツい登りもトンネルもなく
交通量もほぼゼロ(その代わり走行距離は長い)と自転車的には理想的な道らしい。
と言うか、この道の存在が無かったら今日の能勢行きは無かったと言えよう(笑)
ダムの記念写真を撮ったら旧道にGO!

20160424k.jpg

思ったよりはアップダウンのある道だったけど、予想通り交通量はゼロ。
雰囲気的には宇治川沿いの京都府道3号の幅を狭くして車を無くした感じ。
途中停車して渓流の写真を撮ったりするぐらいのどかな道だった。

20160424l.jpg

旧道だけあって最終的には国道173号に合流し、能勢トンネルを抜けると
ついに「おおさかのてっぺん」能勢町到着!

20160424m.jpg

この時点で12:40ごろ。
出発から約4時間、いやぁさすがに遠い。
でも目的地は役場なのでもうちょい走らないといけない。

国道の向かう能勢第二トンネルはまたも結構登りなので
写真の看板あたりから左折して府道104号に入って山を迂回。
国道との合流ポイントがちょいややこしい構造だったのでそこで若干迷いつつも
そのまま府道104号を北上。
この辺まで来ると道はほぼフラット。

20160424n.jpg

のどかな風景。
ここも「大阪」なんだよなぁ(笑)
日本で二番目に狭いはずなのにいろんな顔があるもんだ。
田舎っぷりは千早赤阪村とどっこいに感じたけど村じゃないのは、
平地が多い分こっちの方が人口多いのかな?

と言うわけで役場到着!!
と思ったら浄瑠璃シアターだった(笑)
入口の掲示板に微妙な萌えポスターが。
本当に日本って国は・・・

20160424o.jpg

役場は浄瑠璃シアターの隣だった。
と言うわけで、おおさかのてっぺん制覇!!

20160424p.jpg20160424map04.jpg

予想通り役場周辺に食事処なし。
買ってきたおにぎりの残りを食べて早々に出発。
地図を眺めてて一瞬山越えで豊能町役場に向かうことを考えたけど
府道4号線が山に向かって伸びていって、見えてる範囲でも結構な登りだったので
素直に帰ることにした(笑)

行きは旧道を使ったけど、帰りは国道を使用。
登りじゃなければそこまで迷惑じゃないだろうということだったけど
やはり道の幅が狭いので怖ェェェ。
あとトンネルは車のエンジン音がかなり反響するので
トラックでも来てるのかと必要以上にビビってしまった。

途中から歩道があったのでそちらに退避したけど、それでも行きに1時間かかった行程が
帰りは30分足らずで一庫ダムに着いてしまった。
特に疲れてたわけでもないので休憩なしで行きは避けた国道の九十九折を下る。
やっぱり私には登れんわ、コレ。

20160424q.jpg

あとは来た道を戻るだけ。
途中畦野の丘を登る前にあったスシローに入って13:30過ぎに遅めの昼食。
ってか、能勢町の役場から30分で戻ってきたのか。

14:00過ぎに出発して来た道を延々戻り、16:30頃に日本橋に帰還。
帰りは回転寿司があまりエネルギーにならなかったのか妙にしんどかった(泣)
やはり遠出した時のメシは濃いめの方が良いのか・・・
大阪市に入ったあたりで雨がポツポツ来てたけど、帰宅まで何とか保ってくれた。

と言うわけで、本日の記録
走行時間:5:27:50
走行距離:88.52km
平均時速:16.2km/h

走行時間や距離は前回の南河内とほぼ同じだけど
押して歩いた区間もあったのに平均速度が速いのは帰りの下りのおかげだろうな。
実時間でも1時間早く帰ってきてるしな。
本当は全工程ちゃんと乗るべきなんだろうけど、ムリなものはムリ(笑)

20160424map05.jpg

今回の制覇は豊中市、池田市、能勢町のみ。
といっても冒頭に書いたとおり、ルートに余裕が無い行程だったので仕方の無いところ
同じくルートに余裕が無く、今回の旧道みたいな裏技の無い「標高的におおさかのてっぺん」な豊能町役場はどうしたものか。
国道を延々押して上がるのも現実的じゃないしなぁ(泣)

次はすでに泉南方面を計画中。
と言っても天気次第ではあるんだけど・・・
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2016年04月09日

我が青春の南河内

ワンフェスやら仕事やらでしばらくお休みしていた自転車だけど、仕事もひとまず落ち着いたのでようやく再開。
え?ワンフェス原型?まぁ、まだ本申請だし(ヲイ)

昨年は滋賀やら和歌山の県庁に行って一応近畿制覇(県庁に行ったら制覇なマイルール)したわけだけど
考えてみたら地元の大阪ですら行ったことの無い場所が結構ある!
と言うわけで、今年の目標は大阪府の市町村(区は勘弁して。大変だから)を制覇することにした。
能勢町とか豊能町とかマジ山の中なんで出来るかどうかは分からんが・・・

前回の和歌山行きから早4ヶ月が過ぎて身体も鈍りまくってるのは確実なので
今回はリハビリがてらある程度土地勘のあるところにしようということで、まずは南河内を片付けることにした。
大阪府民以外にはピンと来ないと思うので説明すると、南河内はざっくり大阪府の南東部。
金剛山や葛城山を擁するエリアで、山を越えると奈良の御所や大和高田へと通じる。

・・・まぁ、ぶっちゃけ大阪で一番寂れてるエリアだと思う(笑)
千早赤阪村とか大阪府唯一の村だしね。
さすがにリハビリで金剛山やら葛城山登るとかありえないけど、
一番山に近い千早赤阪村でも役場はそこまで登らないみたいだから大丈夫・・・と地図見てた時点では思ってました(笑)

ちなみに私の出身高校はこのエリアの一つである富田林市にあったので、高校時代の思い出の地でもある。
まぁ、当時は普通に電車通学だったので駅と高校までの間しか知らんわけだけど
高校から大学にかけて一緒にTRPGをやってた友人連中が概ねこの辺に住んでたので
羽曳野市なんかは大学時代に毎週のように自転車で来てたりした。
なので今回廻る予定のエリアの半分近くは知ってる道なので、距離計算もロクにせずに出発してしまった。
これが後に効いてくるのはいつものお約束(笑)

09:30に自宅出発。
クリーニングを出しに行ったり、荷物忘れたりで予定より30分遅れ(笑)
まず最初の目標は八尾市役所。
南河内ではないけど、大阪市内からそっち方面に行くなら近くを通るのでついでに寄っておこうと(笑)
国道25号を南東に進み、平野東一丁目の交差点で加美方面へ。
そのまま真っ直ぐ行くと八尾市に入ってほどなく市役所に到着。
このルートも大学時代や社会人になってからも八尾にある得意先の生き帰りで散々使ってたので全く問題なし。
20160409a.jpg
20160409map01.jpg

個人的に新鮮味は全然無いので、撮影もそこそこに次の目標柏原市役所に出発。
ただ、柏原市役所も国道25号を使って奈良に行く時は必ず通るので、これまた新鮮味無し(笑)
木が邪魔で柏原の文字が見えないのがアレだけど。

20160409b.jpg
20160409map02.jpg
こちらもサクッと撮影して次の目標太子町役場へ。

ここからがようやく未知の領域。
と言うか最近まで太子町は奈良だと思ってたぐらいだし(笑)
イメージでは山の中だったんだけど、地図見たら割とそうでも無い感じ。
で、走り出すと河内国分近くの大和川河川敷に桜が残ってたので軽く撮影・・・したかったんだけど
この道が思いのほか交通量が多くて車が途切れるのを待ってたら結構時間を食ってしまった。
今回は桜が良い感じのところがあったら撮影しようと思ってたんだけど、
オッと思う場所が全然無く、写真撮ったのはここぐらいだった。
今年も花見はできずか・・・

20160409c.jpg

その後府道27号に入って南進するわけだけど、すでに軽く山(笑)
と言っても標高60m足らずでしかもなだらかな道なんだけど、鈍ってる身体にはキツい。
しかも微妙に腹の調子も良くなかったので、駒ヶ谷の駅を越えた場所にコンビニを見かけたときには
たまらず駆け込んだ(笑)
そんなこんなで太子町役場に着いたときにはすでに正午。

20160409d.jpg
20160409map03.jpg

周囲にはそこそこ食事処があったので昼飯にしようかとも考えたんだけど
先のコンビニでおにぎりを食べてしまったので、しばらく持つだろうと次の目標河南町役場に出発。
もちろんその判断は間違っていたわけだが(泣)

太子町役場前の道を西進し、府道27号との交差点左折して今度は南下。
この道は基本的に下り基調で柏原→太子町に比べてかなりラクに進めた。
ただ、千早赤阪村への道を考えるとあんまり下ってほしくなかったんだが・・・
と言うわけで、河南町役場に到着。

20160409e.jpg
20160409map04.jpg

役場の前が中学校で、部活終わり?のJCがたくさん居ておじさんドキドキ(ヲイ)
学校の前でカメラ持ってウロウロするにはヤバいご時勢なので早々に退散。
で、確実に登りになる千早赤阪村に入る前に食事をと思ってたんだけど
河南町に入って以降、食事処どころかコンビニすらない(泣)
バックパックには一口サイズのチョコパンは入ってたけど、これで持つのか・・・

河南町からの道は予想通りずっと登り。
キツい坂では無いんだけど(斜度2.2%だそうな)3kmを延々登った。
すでにガス欠寸前なので足が回らん(泣)
たまらず途中の交差点で腰を下ろせる場所があったので休憩してチョコパンを食う。
地図によると国道309号との合流地点まではもうちょい登る必要がありそう・・・でももうイヤ(泣)

で、ふと周りを見ると休憩してた交差点から西に行く道がある。
国道309号と合流後は西に行く予定だから、このまま西に行ったらいいんじゃ・・・
と思って地図を確認したら、このまま西に行ったら国道309号に合流するじゃん!
しかも西への道は下り。
そのまま一気に千早赤阪村役場に到着。

20160409f.jpg
20160409map05.jpg

思ってたイメージよりは民家とかはあったけど、やはり周囲に食事処やコンビニは見当たらず。
この後は河内長野市役所を目指す予定だったんだけど、最短距離の府道202号だと完璧に山越え。
国道309号を川西まで下って遠回りすることも考えたけど、ある目的があったのであえて府道202号へ!

途中までむしろ下り基調で拍子抜けしてたけど、やはり途中から斜度4.5%の登りに(泣)
距離が1km弱だったから何とかなったけど、ここで完全にエネルギーが切れた。
ただ、ここからはずっと下りなのは知ってたので何とか踏ん張れたんだよね。
と言うのも

20160409g.jpg

約25年ぶりの母校!
と言ってもここは学校への入口(当時は進入路と呼んでた)で、ここから歩いて15分ぐらい登ったところに学校があるんだよね。
かつてはここを毎日登ってたんだよなぁ・・・スクールバス代くすねてたから(笑)
で、進入路を撮影しようとしてたら下校する生徒やスクールバスがガンガン通るから、なかなか撮影できん!
一応OBではあるけど、当時の先生なんか残ってないだろうし居ても覚えて無いだろうから
例によって人が途切れた合間にそそくさと撮影してその場を離れた(泣)
本当に世知辛い世の中になったものだよ・・・

ここから滝谷不動駅まではずっと下り。
記憶では結構急な坂で走ってみても記憶どおりだったけど、自転車通学組はよくあんな坂毎日登ってたな(笑)
若さというやつか・・・

滝谷不動駅に行く前にかつて私が所属してたラグビー部が練習してた河川敷にも行ってみる。
当時は授業が終わったら着替えて学校からここまでダッシュで下りてきて練習して、
練習が終わったらまたダッシュで学校まで登って、着替えてまた下りてきてたんだよな・・・若さか・・・
その河川敷には当時のグラウンドの面影は無く、対岸に新たにグラウンドらしきものが作られてた。
ラグビー部は今どこで練習してるんだろうなぁ?

20160409h.jpg

滝谷不動駅も覗いてみる。
駅のアーチは新しくなってたけど、相変わらず観光地なノリだな、ここ(笑)
受験のために初めて来たときに「ようこそ滝谷温泉郷へ!」とか書かれてるアーチを見て
「ここに通いたくはないなぁ」とか思ったもんだ。結局通うハメになったが(笑)

20160409i.jpg
20160409map06.jpg

そのまま滝谷不動駅を後にして国道170号を南へ。
滝谷不動駅前に何かあるかと思ったけど、25年前よりも閉まってる店が増えててメシ食える場所無かったんだよね(泣)
こうなれば確実にメシ食える場所のある河内長野まで何とか行こうと走り出したものの
この頃には完全にガス欠で、道は平坦なのに全く速度が上がらない。
傍から見たら虚ろな目でのろのろペダルを回す怪しいオッサンだったと思う(笑)
それでも何とか河内長野に到着。

時間はすでに14:00前だけど、ここでようやくお昼!!
完全にタイムスケジュールミスってるよね。
あと南河内の寂れっぷりをちょっと舐めてた(笑)
しかも何か記憶より河内長野駅前がオサレになってて、見た目にヘロヘロな私が入れそうな店が王将しか見当たらない。

20160409j.jpg

王将に入ってチャーハンとシュウマイを頼むも、もはや胃が受け付けてくれない状態(泣)
何とか押し込んで少し休もうと思ったら、こんな時間なのに客がどんどん入ってきてのんびり休憩できる雰囲気じゃなくなったので
仕方なく店を出たものの、エネルギーになるどころか腹が消化を始めてくれない・・・
かと言って休憩できる場所も無いので、重い腹と動かない足で河内長野市役所を目指す。
嫌がらせのように微妙に登り基調な国道310号を進んで何とか河内長野市役所に到着。

20160409k.jpg
20160409map07.jpg

ここは市役所前にちょっとした広場があって、植木鉢で作られた人形アートが飾られてた。
20160409l.jpg20160409m.jpg
20160409n.jpg20160409o.jpg

腰を下ろせる場所もあったので、ここでしばし休憩。
15分ほど休んで出発したら腹もこなれてて足も回る!
やはり補給と休息は大事だよね!!
相変わらず登り基調の国道310号を先ほどとは段違いのスピードで登り、
30分ほどで次の目的地、大阪狭山市役所に到着。

20160409p.jpg20160409q.jpg
20160409map08.jpg

・・・あれが相崎がやたら推してた大阪狭山市のマスコットキャラか・・・
役所にポスターやのぼりが立ってるだけじゃなく、ラッピングバスまで走ってるという力の入れっぷりだけど
これが人気出るかどうかは微妙だなぁ。
いや、普通に可愛いとは思うんだが普通だからなぁ(笑)
これがお役所の限界か・・・

ここから再び勝手知ったるルート。
富田林市役所はもはや学生時分からの行動範囲なのでものすごく気楽(笑)
ルート的にも府道202号を東進するだけだしね。
途中相崎の家の近くを掠めるが、仕事で居ないの分かってるしそのままスルー。

20160409r.jpg

特に迷うことなく富田林市役所に到着し撮影は終わったわけだけど、富田林ではもう一つ用事があった。
富田林駅前にある模型店「バンビ」を覗くつもりだったんだよね。
(もしかしてもう潰れてるかも・・・)と思いつつ覗いてみたらまだ営業してた!!

20160409s.jpg
20160409map09.jpg

・・・けど店頭に「プラモデル4割引、フィギュア5割引」の張り紙が・・・
店に入るとかなりガランとした印象。
前に来た時は品揃えは平凡ではあるものの、どの棚も商品で詰まってたんだが・・・

残ってたM2A2ブラッドレーを買いつつ、店番をしていたおばさんに話を聞くと
長年店をやってたご主人が亡くなり、奥さんも高齢のため店を畳むことにしたとのこと。
でも残ってるのは正直微妙な商品ばかりで「いつ閉めれるのかしらねぇ」と笑ってらしたけど
最近個人経営の模型店はこんな話ばかりなので悲しくなってくる。
時代の流れなのは仕方ないけど、もうちょっと自分にも何かできないものだろうか・・・
私と入れ替わりに小学生と中学生の兄弟?が入っていって奥さんと楽しくしゃべってたけど
ああいう子供がもっと居たらなぁ(泣)

後ろ髪を引かれる思いで「バンビ」を後にして、国道170号(外環じゃない方)を北上し、羽曳野市役所へ。
ここまでくると前述の通り毎週のように通ってた道。
あえてかつて通った道を辿って帰ったんだけど、びっくりするぐらい変わってなかった。
四半世紀過ぎて何も変わっていないのはさすがにどうなんだろう?
いや、私の目に入ってないだけでいろいろ変わってはいるんだろうけどさ・・・
17:00に羽曳野市役所着。

20160409t.jpg
20160409map10.jpg

府道31号西進→186号北進で17:15に藤井寺市役所着

20160409u.jpg

府道12号西進→途中から裏道(これしないと河内松原市役所行くのに近鉄越えないといけないのがダルい)で
17:40に河内松原市役所到着という流れ。

20160409v.jpg
20160409map11.jpg

いやもう、びっくりするほど昔のままだったからねぇ。
非常にスムーズな帰り道だった(笑)
その後もかつての羽曳野からの帰り道をトレースし、途中からは実家から日本橋へのルートをトレースして18:30帰宅。

20160409map13.jpg
20160409map12.jpg

走行時間:5:29:18
走行距離:87.45km
平均時速:15.9km/h

途中のガス欠は問題だったけど、全体としては疲労もそれほどでもなく出発が遅かったにも関わらず
日が残ってるうちに帰宅できたので、リハビリには良いルートだったと思う。
ただ南河内の変わらなさっぷりと変化の多い大阪市内と比べると、いろいろと考えさせられるものがあるなぁ。
まぁ、私ごときが考えたところで何が変わるわけでもないんだけどさ・・・

と言うわけで、今日一日でこれだけの地域を制覇した(笑)

20160409map14.jpg

しかしもうちょい頑張らないと能勢方面はムリというのもよく分かった。
あの程度の坂でヘバってたらあんな山の中ムリだわ。
スケジュールを見て先に他の地域を廻ることにしよう(笑)
とりあえず次は泉南方面かなぁ?
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2016年03月29日

トリコロールはもう嫌だ

3月も末になってようやく今年初めての日記とか・・・
ってか、今年も年始から濃密だったからなぁ(泣)まぁ、これからも濃密なんだが・・・

で、その濃密なスケジュールを形成する要素のひとつであるメタルボックスコンテスト12向けに、
ガンプラ歴30年以上で生まれて初めてちゃんとRX-78ガンダムを作成。
本当はfigma4号H型を作るつもりだったんだけど、足周りが設定と違ってるのを見過ごせなくてね(笑)
一応1コマだけ履帯は改修したけど、さすがに1ヶ月で200コマ複製するとかムリだわ・・・
と言うわけで、次案だったPGガンダムに決定。

何でPGなのかというと、これまた話が長くなる。
そもそもアニメの時点で私はあんまりガンダムは好きじゃなかったんだよね。
小学生当時はガンキャノンが好きで次にガンタンク、ガンダムは子供心に「これはねーよ」とか思ってた(笑)
いかにもなトリコロールと脚の有機的なラインが気に入らんかったんだよね。
まぁ、好きな順序がガンタンク→ガンキャノンになっただけで今もそんなに変わらんが。

そんな私でもプラモの新シリーズが始まると、大体いつも初めにガンダムが発売されるので
何だかんだ言ってガンダムは一通り作ってる。
最近のMGやらRGは作ってないけどね。
で、その中で初めて私がガンダムを格好良いと思ったのが、1990年に発売されたHG(UCじゃない方)ガンダム・・・のインスト(笑)
ここに描かれてたハッチオープンのガンダムが実に四角くて格好良かった。
20160328a.jpg
あんまりカトキハジメ画稿というのは意識しなかったけど、結局カトキラインは好きだったんだね、私。

キットのHGガンダムはご存知の通り似ても似つかない代物で、アレをベースに似せるのは不可能だったし
既存キットにも四角いガンダムは無かったのであの格好良いガンダムを作るのは難しかった。
そして時は流れ1998年、PGガンダム発売。
これは良かった。
それまで旧HG→MG1.0としっくり来てなかった(そもそもアニメ設定が好きじゃない)私的にもこれは良かった。
まぁ、HGインストの画稿に似てるかと言われれば似て無いんだけど、方向性が気に入った。

ただ、金額的にしんどかたので発売から1年後ぐらいに近所のジョーシンで安売りされるまで入手はできんかったが(泣)
その後、FG、MG1.5、HGUCと比較的好みの傾向が続いたものの、所謂「お台場ガンダム」登場以降は
またスマートなラインに回帰していったわけだけど、メカとしてのカッチリ感は上がってるので昔ほど嫌いじゃなかったりする。

閑話休題

そんなわけでコンテストに向けて「一生に一度ぐらいは真面目にアムロ君のガンダムを作ろう」と思った時に
ベースがPGになるのは避けられない流れだったわけだね。
FG、HGUCは小さすぎて目立たないし、MG1.5はシルエットは悪く無いけど改修が必要なポイント多すぎだしさ。

で、15年ぶりぐらいに昔組んだPGガンダムを引っ張り出してみる。
やはり格好良い・・・が、今見るといろいろ不満点が。
 ・頭が前過ぎ&首が短くて頭が埋もれてる感がある
 ・胸インテーク形状のせいで胴体の黄色率が高くてI☆WA☆KA☆N
 ・肩アーマーが小さく腕が窮屈に見える
 ・各部展開ハッチがスケール感ブチ壊し
 ・足デカすぎ
といったところ。
これを何とかする方向で改修開始。

■頭
首の関節位置を前にズラして(=頭が後ろにズレる)、ついでにプラ板を挟んで計2mm延長。
襟の黄色いパーツも高さがあったので穴が開かない程度に削り込んだ。
これで頭が埋もれてる感は解消できたはず。
あとこれは好みの問題だけど、フェイスの白いパーツを若干削りこんで小型化した。

■胴体
MG1.0からの流れだけど、このインテーク形状が好きになれない。
Mk-2じゃないんだから・・・ということでこれを旧ラインに変更。
初めは黄色パーツの周りにプラ板を貼って胸部とツライチにして終わりと思ってたんだけど
そのままだとインテークの角度がつきすぎてて、より変な形状になったので削りこんでたら
黄色いパーツはほぼ無くなってた(笑)
インテークのフィンはプラ板で自作。

■腕
外装の分割を変更してハッチオープンギミックを潰す。
下腕の展開するスラスターを取っ払って、そこにプラサポでラッチを追加。
これしないとシールドの固定に不安があるからね。
小さい肩は外側と下側の斜面に1mmプラ板を貼って大型化。
多分上下左右に2mmずつ大きくなってるはず。
手首も何か小さい感じがしたので1mmプラ板で手甲を追加。
あんまり大きくなっていないけど、色を変えることで実際のサイズ以上に大きく感じるはず。

■脚
足首を小型化するのは大変だし、首と肩が大型化してるのでバランスを取るために足首関節で5mm延長。
あと足の甲が変な形状だったので削りこんで平らにしてみた。
これで脛から足首へラインが繋がって足首が妙にデカく見える印象も緩和されたはず。
まぁ、やっぱりデカいが(笑)
あとはふくらはぎと太腿のパネルオープンギミックを潰した程度。

■バックパック・武器
バックパックはバーニアを4発にした程度。
で、忘れてたけどお尻にバーニアブロックを追加。
そのせいでバズーカラッチが使えなくなったので、外装に腕と同意匠のラッチも追加。

20160328g.jpg

ビームライフルは弄りようがなかったのでそのまま。
シールドは黄色の十字がやっぱり気に入らなかったので外してプラ板貼ってジム改風にした程度。

以上の工作が終わった状態の本体がこちら。
20160328b.jpg20160328c.jpg20160328d.jpg
グレーサフ部分が割と弄った箇所。


■ディティール
ここまでの工作で外見的にはほぼできたんだけど、さすがにあっさりしすぎだったので
ラインに影響しないところに各部に独自解釈のディティールを追加。

20160328f.jpg

展開ギミックは潰したものの胸の前面装甲基部が良い感じだったので、マルチランチャーを自作。
信号弾発射ならこの位置でいいんだけど、対人兵器として使うのならちょっと位置が悪いので
膝アーマ上部にも同デザインのものを追加した。

また、シルエットに影響しない部分の装甲各部を切り欠いて吊り下げフックを追加。
ジオン軍だったらポン付けの吊り下げフックでも似合いそうだけど、連邦はこんな感じにしてそう。
あと左足首の側面に車外電話用のボックスを追加。
ミノフスキー粒子下で歩兵と連携するなら必要かな?と。
まぁ、アムロ君にはあんまり必要なかった気がするが。
気づいてくれた人が居てちょっとうれしい(笑)

そして写真では影になって見難いけど腰部側面上部に小ハッチを追加。
ここにはア・バオア・クーからアムロ君が脱出する時、上半身を強制パージしたボタンがある(笑)
あとはコクピットブロック左側面に強制開放ボタンがある小ハッチを追加したぐらいかなぁ?

ディティールアップと並行してエッジ出し&バンダイエッジの解消を全身に渡って実施。
でも正直ここまでするのは初めてだったから効果的だったかどうかは自分ではよく分からなかったり(笑)

■塗装&マーキング
フレームは15年前に組んだ時に何故か塗装してたので触らず。
ってか、ABSに塗装してたからバラす時にあちこち折れて怖い怖い。
おかげで今回塗装した外装からちらちらとショボイ塗装が見えててちょっとアレだったけどね(泣)

外装は一度全部ガンダムカラーのファントムグレーで塗って、エッジ部分にシリコーンバリアをちょこちょこと筆塗り。
その上に全パーツガイアノーツのEXホワイトを上塗り。
さらにその上に青はクレオスのインディブルー、赤は同じくクレオスのRLM23レッド、黄はやはりクレオスでRLM04イエロー。
インディブルーが記憶より綺麗な色でびっくりした(ヲイ)

以上の塗装後にシリコーンバリアを塗った箇所を800番ぐらいの紙やすりでちょいちょいと撫でてやると
良い具合に塗装が剥がれて地のファントムグレーが出てくると言う寸法。
まぁ、今回はアムロ君のガンダムということで塗装剥がしも最小限だけどね。

メインカメラ&サブカメラは設定だと赤&黄色だけど、15年前にこれまたクレオス(当時はグンゼだったかもしれんが)のクリアグリーンで塗ってて
これが薄め液を付けた綿棒でこすってみても微妙にしか取れない(泣)
漬け置きしようかとも思ったけど、クリアパーツで割れが怖いので諦めてクリアグリーンのままにした。
昔のクリアカラーは染料系だったからパーツに染みたのかもしれんなぁ。

バーニアはメタルカラーのアイアンを塗って磨いたけどあんまり思った感じにならなかった。
銀はさすがにおもちゃっぽすぎるので論外だけど、もうちょい光ってほしかった。

基本色を塗った時点でマーキング。
あんまりペタペタ貼るのも好きじゃないので追加したディティールの周りにそれっぽいのを貼った程度。
その代わり肩とシールドにはデカデカとWB102のマークは付けたけどね。
もう多分このマーク貼ることはないんだろうなぁ(笑)

あと、これまた私としては異例なことにV字アンテナ基部の赤い部分に形式番号(RX-78-2)を貼ってる。
普通兵器に形式番号貼るなんてありえないんだけど、ガンダムは試作機だから識別に貼ってたかもしれない。
ただそれは実戦に出た時点で普通消すと思うんだよね。
でも、運用してたのは素人集団だったのでその辺まで気が回らずに戦い続けて、
マチルダ隊に合流するころにはレビル将軍が気にかけるぐらいのエース部隊になってたので
その象徴としてのガンダムのV字アンテナ(Gガン世界でもこれ付いてたら良いみたいな感じだったし)には
形式番号を残していたかも・・・という理由で貼ってみた。
今これ書いてて「GUNDAM」のマーキングの方が良かったかもと思ってる(笑)

デカールが乾燥した後にクリアでコ−トしてエナメルで軽く汚し。
と言ってもニュートラルグレーとフラットブラックを縦にウォッシングして
関節周りに微妙にフラットブラウンを染みさせた程度。
相変わらず宇宙機の汚しはよく分からん・・・

20160328e.jpg20160328h.jpg20160328i.jpg20160328j.jpg

といったところで、すでにコンテスト提出期限当日の昼前(笑)
何とか時間内に持ち込んで無事受付できたわけだけど、店で駄弁ってるうちに持ち込まれてくる作品がスゴいスゴい。
一応私のはPGなのでそれなりにデカいんだけど、他の作品もデカいのが多いので全く目立ってない(笑)
20160328k.jpg

パッと見普通のガンダムを目指してたので、「何だ普通のガンダムか」という反応がある意味狙い通りという
よく考えたら全然コンテスト向けじゃないと言う・・・
こりゃダメだろうなと思ってたら、案の定入賞は逃した。
でもかなりの接戦だったということなので、入賞レースには混ざっていたと信じたい(笑)
発表イベント後の懇親会?で「弄った箇所の違和感がない」という話を何度もいただいたので、自分的には目的は達したかな。

と言うわけで、メタルボックスのコンテスト12(本気コン)は終了。
次はゴールデンウィーク明けに控えるワンフェス本申請に向けて原型製作。
それが終わったら6月上旬のガレージキットコンペ・・・
相変わらず濃厚な上半期になりそうだ(泣)
posted by HAGER管理人 at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作

2015年12月22日

ついに近畿制覇!

今日は休日出勤の代休を取れたので、近畿制覇への最後の難関、和歌山チャレンジを敢行!
・・・だったんだけど、前日が勤務先の忘年会で酒は極力回避したもののかなりの量を食べてしまって
起床時から腹の調子がイマイチ(泣)
しかも中途半端な時間に業務サーバからのエラー通知が飛んできて起こされてしまったので
そのまま出発するには眠く、二度寝するには時間が無いという微妙なことになってしまった。
でも、眠いのはマズいので出発を1時間遅らせてとりあえず寝ることに。
・・・これが後にとんでもない事件を引き起こすことになろうとは(嘘・・・でもないか?)

予定より1時間遅れで起床し、30分ほどトイレの住人になったので結局出発は1時間30分遅れ。
7時出発予定だったのに8時30分出発になってしまった。
まぁ、行き先が南なので出勤するサラリーマンの中を走行することはないんだけど
ちょっと遅めの通勤の気分(笑)

前回岸和田に行った時と同様、住吉大社前を通る裏道を南下し、長居公園通りに出たら右折。
国道26号との交差点を左折したら、あとは堺まで一直線。
そのまま大和川を渡り、南海本線堺駅周辺で国道26号に沿って左折。
さらに安井町の交差点をやはり国道26号に沿って右折。
要するにずっと国道26号を走るということだね(笑)

途中、浜寺石津町東2丁目のローソンでトイレ休憩&補給。
今回は京都行きと違って峠越え以外はほぼ道路沿いを通るので補給面は大丈夫と思うけど
土地勘の無いところだし、基本的に都心から離れていくので準備するに越したことはないからね。

20151222map1.jpg

そこからは前回の岸和田行きと同じくずっと国道26号を走行。
ただ、前回の岸和田行きに比べてちょいしんどい。
やはり前日の忘年会での食べすぎが影響してるのか(泣)
それでも出発2時間で岸和田の和泉高校東の交差点を通過。
前回来たところはここまで。ここからは未知の領域。

20151222map2.jpg

といっても、しばらくは国道26号を走るだけなので特に問題なし。
ただ、日が昇ってきて気温が上昇してきたせいか、かなり暑い。
私は薄手の防寒具とか持ってないので、普段通勤で着てるゴツ目のジャンパーで走ってるんだけど
これがまたかなり嵩張る。
何とかバックに詰め込んだけど、もうパンパンでしかも結構重い(泣)
それでも背負えば何とかなりそうだったので、そのまま南下を続行。

岸和田から30分ほど下ると泉佐野のJR関空線の高架下に到着。
しかし2時間半あったら余裕で京都まで行けるんだが・・・関空は遠いなぁ。

20151222a.jpg

この高架を越えると周辺の風景から建物がちょっとずつ減って行く。
さらに30分ほど走って桜ヶ丘北の交差点で国道26号とはお別れ。
孝子峠を越えるなら国道26号に沿って右折(直進も26号だけど自動車専用で自転車は走行不可)するんだけど
今回は山中渓越えのルートを行くので、ここを左折。

府道256号に入り道なりに進むんだけど、この道は途中から自動車専用道になるのでここでちょっと迷った。
後から地図を確認したら間違ったルートは進んでなかったけど、
スマホの地図じゃ細かいところが確認しづらいんだよなぁ(泣)
ちょい遠回りで府道257号に出て、そこから府道64号に入る道を右折。
目の前には山。いよいよ山中渓に突入。

と言っても大した斜度じゃないので、フロントのギヤを変えることも無くのんびり上る。
そもそも定番の孝子峠じゃなくこちらのルートを選択したのは、
斜度が大したこと無い上に交通量が少ないと言う情報があったから。
確かに交通量はかなり少なく、15分ほどで楽勝で着いたJR阪和線山中渓駅までに出会った車は10台以下。

20151222b.jpg20151222map3.jpg

山中渓駅を写真撮影もそこそこに出発。
相変わらずユルい坂を10分ほど上ると・・・県境キターッ!

20151222c.jpg

まぁ、県境は本当に山の中なので周囲は阪和線の線路と阪和自動車道の高架ぐらいしかないんだけどね(笑)
ともかくこれで和歌山に突入。
ここが県境なんだからあとは下るだけでしょ・・・と思ってたら、まだまだ道は登ってる。
ってか、さっきより明らかに斜度がきつくなってる。
そう、県境越えてからが本当の山越え、雄ノ山峠越えだったわけだよ(泣)

上ってる時間は15分ぐらいだったし坂に慣れてる人にとっては大したこと無い斜度なんだろうけど
出力重量比が悪すぎるエンジンのせいでもうしんどいしんどい(泣)
時速10km/hそこそこのスピードでジリジリ上る。
途中に足を着くことこそ無かったけど、ここでかなり消耗してしまった。

たどり着いた頂上から今度はかなり強烈な下り坂。
ルートラボで和歌山側からの斜度がかなりヤバいことは分かってたけど、これは私には上るのムリだわ(泣)

20151222d.jpg

で、この坂から南を見ると何かすごい工事をやってるのが見えた。

20151222e.jpg20151222f.jpg

調べてみたら京奈和自動車道の高架工事らしい。
高さ何mぐらいなのかは分からなかったけど、人間ってすごいなぁ、と。
工事現場を見物がてら県道になった64号を猛スピード(と言っても50km/hぐらい)で下り、国道24号に合流。
ってか、国道24号って前に八幡→木津経由で奈良に行った時に平城山越えで通った道だよね?
こんなところまで続いてるとか国道スゲェな(←今更)

国道24号を下っていくとラーメン屋があったのでここで昼食。
ここで時間は13:00すぎぐらい。

20151222map4.jpg

前日の予定では12:00ぐらいに和歌山入りのつもりだったから出発が遅くなったことを考えると良いペースだけど
できれば日が暮れる前に大阪府には戻っておきたいので、あんまりのんびりはしてられない。
ラーメン屋を13:30すぎに出てさらに国道24号をひた走り、ほどなく和歌山市街に到着。

今回の和歌山行きの目的地としては、いつもの目標である和歌山県庁の他に
メタルボックスの常連から聞いていた模型店が二軒あったんだよね。
で、場所的に和歌山県庁の手前にある和歌山模型に先に行くことに。

国道24号から続く県道145号(三年坂通り)を西進し、屋形町の交差点を右折。
屋形通り→築地通りと道なりに進み、元寺町2丁目の交差点から東に一本入ったところに和歌山模型発見!!

20151222g.jpg

店内は昔ながらの模型店といった風情でキャラクター物よりはスケール物が中心と言った感じ。
見た感じだと
キャラクター:1
AFV系:3
艦船:2
飛行機:2
その他:2
と言った感じかなぁ?

新商品は一通り押さえてあったけど、それが並んでるラックの後ろに本来の棚が隠れており
そこにはなかなか面白そうな商品が隠れてそうな雰囲気(笑)
頼んだらいろいろ見せてもらえそうだけど、ちょっと顔出しただけな一見さんな上に大して時間もないので
それは止めておいた。
ちょこちょこ買いたいものもあったんだけどバックはパンパンだし、会社帰りみたく紙袋をハンドルに提げて
峠越えとか考えたくないので塗料数点のみ買って退散。
場所的には南海和歌山市駅とJR阪和線和歌山駅のちょうど中間で徒歩圏内だと思うので
何か買いたい物があるときは電車で来よう(笑)

築地通りを戻り、今度は県道17号(けやき通り)を西進、和歌山城を回って県庁に行くコースへ。
元気と時間があれば和歌山城見物も考えてたけど、どちらも無かったので写真だけ撮ってスルー。

20151222h.jpg

こんな平地のド真ん中なのに城は小高い丘の上に建てられていて、攻略は結構面倒くさそう。
まぁ、主要な街道から外れてるこの城を攻撃する意味があったのかどうかは微妙なところだけど
何故か紀州藩って徳川御三家の一つなんだよねぇ。
何で和歌山だったんだろう・・・

そんなことを考えつつ、県庁到着〜。

20151222i.jpg

今日は平日で普通に皆さん仕事されてるので記念撮影もひっそりと。
しかし京都とか滋賀と違って和歌山の県庁は何か普通と言うか、お役所って感じでちょっと安心した(笑)
周辺は官庁街っぽく特に寄るような場所も無かったので、写真だけ撮って出発。

残る模型店だけど、残念ながら今日は定休日。
それでも場所だけは確認しておこうと和歌山城から国道26号を北西に。
紀ノ川を渡り、御膳松の交差点を左折。
新日鉄住金の広大な敷地の脇にポツンとある市街地の中の模型店プラローグへ。

20151222j.jpg

事前に調べてたから到着できたけど、分かりにくいぞこの場所(泣)
しかも建物がプレハブだから一見して模型店とは思えないし・・・まぁ、開いてたら分かりやすいのかも知れんが(笑)
ただ、近くに駅が無いので電車で来るのはかなり大変そう。
南海和歌山市駅から路線バスは走ってるみたいだけど、バス停からもそこそこ距離があるので
結構厳しい立地じゃないかなぁ?
でもTwitterを見てると、一度開いてる時に覗いてみたい店ではある。

閉まってる店の前に居ても仕方ないので、国道26号まで戻りそのまま狐島の交差点まで北上。
予定ではここを左折して県道7号を西進、加太を通って大川峠をトンネルで抜け大阪に戻るつもりだったんだけど
この時点で15:30前で日が結構傾いてる。

20151222map5.jpg

このまま加太方面に行くとトンネル付近で日が暮れるというシャレにならん事態になる可能性が(泣)
しかも加太方面は海に近いとはいえ県道は山の中を走ってるので、暗い中で見知らぬ山道を走るのは怖すぎる。
本来の予定ならこの辺は14:00ぐらいに通過するはずだったんだけど、やはり出発の遅れが効いてきてるなぁ・・・

と言うわけで、山中渓と同じく和歌山側からはちょいキツめだけど、
まっすぐ山を越える孝子峠ルートで帰阪することにした。
孝子峠ふもとのコンビニで補給&休憩。
やはり体調的にイマイチな上に、行きの雄ノ山峠でかなり体力を削られてヘロヘロだったけど
孝子峠は大阪−和歌山の主要幹線だから何とかなるだろうとか考えつつ、16:00前まで休憩して出発。

斜度的には行きの雄ノ山峠よりちょっとキツいぐらいで、しんどいけど上れないことは無い峠。
ただ、すでに消耗してる身体にコレはかなり堪える・・・
結局10分ぐらい上ったところで息が上がってしまい、ついに足を着いてしまった。
そのまま道路脇で2〜3分息を整え、再度登坂開始・・・って、目の前のカーブ曲がったらすぐ頂上だったじゃん(泣)
道を知ってたらもうちょい頑張れてたんだろうなぁ・・・
こっちは峠の頂上が県境、と言うことで、ここから大阪府。

下りは雄ノ山峠の大阪側と同じくらいの斜度。
ただ、こちらは国道なので交通量が圧倒的に多い。トラックみたいな大型車もかなり走ってる。
路肩もほぼ無いので、私みたいなのがヘロヘロ走ってたらかなり邪魔になると思う(泣)
次和歌山に行く時があったらやはり山中渓ルートだろうなぁ。

峠を抜け深日中央の交差点を右折してしばらく走ると、みさき公園に到着。

20151222k.jpg20151222map6.jpg

時間は16:30でご覧の通りかなり暗くなってる。
加太の方に行ってたら確実に山道を夜間走行することになっただろうから、孝子峠越えは正解。
ただ、そのおかげで体力的にはかなり厳しい状態。
道は国道26号を走るだけだけど、岬町から阪南市あたりのちょっとしたアップダウンがかなり堪える(泣)
日が落ちて気温が急速に下がったのでバックに詰めてたジャンパーを着るも、体力が落ちてるせいかかなり寒い。

途中のコンビニで肉まんを買って身体を温めつつ、国道26号から府道63号に入ってそのまま北上。
道としては国道26号のほうが走りやすいんだけど、来た道をそのまま帰るのが悔しい(笑)のと
国道沿いは定番の大型店ばっかりで走ってて面白くないので、あえて府道を選択したわけだね。
ただ、道が狭い上にあまり状態も良くなく、思った以上に交通量もあるので、
疲労度を考えたら国道26号を選択した方が良かったかもしれない(泣)

土地勘が無いので案内板に書かれた地名で現在地が把握できず、
止まってスマホの地図を見て大阪市内までの距離に絶望しながら進むこと2時間、ようやく岸和田まで帰還。
行きは岸和田から桜ヶ丘北の交差点まで1時間で走行したことに比べると、疲労と道のコンディションの差でここまで変わるんだね。
次があったら素直に国道を走って帰ろう(笑)

20151222map7.jpg

時間は19:00前とちょうど晩飯時。
今回晩飯を食う場所は実はすでに決めていた。
前に岸和田に来たときに財布を忘れて迷惑をかけたココイチ。
ここで同じメニューを頼むことで(自分的には)借りを返すことになるのだよ(笑)
店はガラガラでテーブル席も開いてたけど、敢えて前回座ったカウンター席に。

疲労しきった身体にクリームコロッケカレーとシーザーサラダはキツかったけど
エネルギーも切れ気味だったので頑張って食べてしばし休憩。
ココイチ出発は19:30過ぎ。
順調に行ってもウチまで2時間かかるのに体力は相変わらずで帰宅は22:00過ぎになりそうだけど
ゆっくり休める場所も知らないので出発。
初志貫徹で府道204号(貝塚市あたりで府道63号から変わった)を走行し、1時間ほどで南海本線堺駅近辺を通過。

ここまできたら何度か走った道。
行く時通った道を戻り、22:00ちょい前に自宅到着。
やはりちゃんとしたメシを食ったおかげか、後半は割と良いペースで走れた気がする。

20151222map8.jpg 20151222map9.jpg

とは言え、今年になって走ったどのサイクリングよりも疲れた。
やはり峠を越えると格段に疲労するね(泣)
もっとエンジンを軽くしないとこの先厳しいなぁ、と。

今回の走行距離:143.11km
平均時速:16.0km
走行時間:8:53:22(実走行時間は13時間程度)

ともあれ、年末ギリギリになったけど二府四県の県庁制覇がこれで完了!
まぁ、例によって和歌山なんて平地のちょろっとしか走って無いけど、本気で走ろうと思ったら
雄ノ山峠や孝子峠でヘバってる私には絶対ムリな土地だしね。
これで勘弁ということで(笑)

今年は日記に記録してる分だけでも900km以上は走ったので、いろいろ合わせると1000kmは走れたと思う。
来年の目標としては大阪完全制覇ということで、大阪の市区町村の役場を回ると言うのを考えてるけど
北のほうの能勢町とか豊能町なんかは完全に山だからなぁ。
さてどうなることやら・・・
posted by HAGER管理人 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2015年12月05日

2015年京都総決算!

いつもの友人連中とガルパンの映画を観に行った翌日の日曜日。
天気は曇りで、かつ寒すぎず風もほぼ無いという絶好の自転車日和・・・
艦これの秋イベントもツェッペリン伯爵もGetし、嵐を掘るにはE-5で心が折れすぎていたので
とりあえず(笑)自転車で京都に行くことにした。

当初は年内の目標だった和歌山にしようかとも思ったんだけど、
10月前半に大津まで行ったきり二ヶ月ぐらい長距離走ってないし(11月に相崎の実家(富田林)には行ったが、
50km程度は長距離じゃないよね?)、翌日仕事なので知らないルート通って精神的に疲れたくもなかったしね。

7:30に起きて朝飯を食いつつルート選定してたら出発は8:30に。
基本は平地を低ケイデンスでのんびり流す感じで、御幸橋時点で体力と相談して
最長で嵐山→京都府庁→御所→東福寺→伏見稲荷→京アニショップ→宇治と回る感じで。。
帰宅は多少遅くなっても夜間走行ルートは確立してるので22:00までに帰れたらOKというユルい計画。

いつもどおり天満橋のコンビニで補給物資を仕入れて、大川CRを北上。
9:00ぐらいに毛馬閘門を通過して淀川CRに突入。

20151205a.jpg20151205map1.jpg

ここでふと振り返ると大阪のビル群が・・・
20151205b.jpg
「ここからだとあの街が蜃気楼のように見える・・・そうは思わないか?」とか某アニメ映画のセリフを思い出した。
映画の中では否定されてたけど、普段あそこで仕事してる私は蜃気楼みたいなモノだよなぁとかガラにもないことを考えてみたり。
どうもまだ精神的に回復しきれてないっぽい(泣)

10:00に枚方の関西医大到着。
20151205map2.jpg
ここまですこぶる快調。
やはり金曜日にブレーキ調整してもらった際に、曲がってたらしい後輪のブレーキディスクを曲げ直してもらったのが良かった模様。
ただ、腹の調子がイマイチだったのでここでトイレに入るはずが、休憩スペース傍のトイレが調整中のため使用できず(泣)
ママチャリで寝屋川から散歩に来てたおばちゃんとひとしきり談笑したのちに御幸橋へ向け出発。
10:30過ぎに御幸橋到着、ここで15分ほどトイレ休憩。

20151205c.jpg20151205map3.jpg

自転車が快調なせいか、体力的にここまでまったく問題なし。
と言うか、ここしばらく精神が消耗しててしんどかったものの体力的には何ら問題無かったので
精神の回復を試みてる間に体力はそれ以上に回復してたということだね。
余力十分だったので最初の目標地点を嵐山に設定し、桂川のCRに突入。

1年前ぐらいにこの道を通って伏見稲荷を目指してたころは、ここまで来るのに結構しんどかった記憶があるんだけど、今は全然楽勝。
嵐山CRへの道が分からず、鴨川と分岐したあとしばらく走って国道1号線まで来てしまった時点で11:15。
ここからだとあと30分かからずに伏見稲荷に着いてしまうんだよね(笑)
このまま予定をすっ飛ばして伏見稲荷に直行して早めに帰ろうかとも考えたけどあまりに楽勝すぎるので、
国道1号から府道201号に入って西進、物集女街道(府道67号)を北上して嵐山に行くことにした。
いやぁ、1年前にバテバテになりながら行ってた伏見稲荷がこれだけ楽勝で行けるようになるとは、人間ってすごいなぁ(←他人事かよ)

物集女街道が思った以上に狭くて交通量の多い道だったので、あまりスピードは上げれず、1時間ぐらいかけて嵐山近辺まで到達。
さすがに腹が減ってきたので、道沿いの中華料理屋で昼食。
空きっ腹にチャーハンと皿うどんが美味い!!
若干食いすぎてしんどくなりながらも出発して程なく嵐山の渡月橋に到着。
20151205map4.jpg

20151205d.jpg20151205e.jpg

曇ってたのであまり綺麗に写真は撮れなかった(と言うか、そもそもデジカメを持っていくの忘れたのでスマホで撮影)けど
さすが観光地だけあって風景が綺麗。
まぁ、本来ならこの写真を撮ってる渡月橋自体を含めて風景を撮らないといけないんだろうけど
とにかく人が多すぎて、移動するだけでもう大変。
京福電鉄嵐山駅を中心とした観光街もすごい人で、自転車だと駐輪する場所を探すのも難しそうだったので嵐山はそのまま通過。
この辺には他に目ぼしい観光地もなさそうだったしね。

嵐山から北上して、府道187号通称丸田町通りに入る。
さすが京都の官庁街を走る幹線だけあって道はかなり良い。
休日だからか、思ったより交通量も無いので車道走行もしやすかった。まぁ信号が多すぎてスピードは出なかったが(泣)

嵐山から30分ちょいぐらい走って京都府庁に到着。
遅ればせながら、京都もコレで制圧完了!!(笑)

20151205f.jpg

その後、すぐ横にある京都御所も覗いてみる。
20151205map5.jpg
寺社仏閣というわけでもないので、ちょろっと覗いたら帰るつもりだったんだけど、広いなオイ!
入り口から建礼門までがムダに遠い(←ムダとか言うなよ)

20151205g.jpg

考えてみれば御所の中を参観するつもりはなかったんだから、別に建礼門まで行く必要はなかったんだけど
まぁ、散歩がてらということで。
結局御所で14:00〜14:30の時間ウロウロしてたなぁ。

20151205h.jpg20151205i.jpg

御所まで来たのでついでに二条城も覗いてみようかと思ったけど、有料な上にアートアクアリウムをやってるからか妙に人が多かったので
こちらはスルーして烏丸通りを南下。
東本願寺のバックに京都タワーというある意味京都らしい写真を撮りつつ、七条通り→河原町通り→九条通りと走って東福寺へ。

20151205j.jpg

ってか、京都の道って東西も南北も「通り」って名前なんだね(←今更?)。
大阪も東西は「通り」だけど南北は「筋」だから、大阪の命名ルールに慣れてるとちょい分かりづらい。

九条通りから東福寺に行く道はかなり狭いけど、同じ道沿いに伏見稲荷もあるので交通量はかなり多い。
おそらく昔の京都はこういう道ばっかりだったんだろうなぁとか考えてたら東福寺に到着。
東福寺はかなり広大な敷地を持つお寺なんだけど、到着時すでに15:00過ぎで門が16:00に閉まるということだったので
お目当ての紅葉だけを見ることにした。・・・って、ここも有料(400円)かよ!

まぁ、一応ここの紅葉がメインの目的だったのでお金を払って入場。
多分最盛期は過ぎてたとは思うんだけど、それでもカネ取るだけはあるなぁと思える紅葉っぷりだった。
スマホのカメラではちゃんと発色してくれないのが残念。

20151205k.jpg20151205l.jpg20151205m.jpg20151205n.jpg20151205o.jpg20151205p.jpg

30分ぐらい紅葉を見て16:00前に東福寺出発。
そのまま南下して16:00ちょうどぐらいに伏見稲荷到着。相変わらず人がすげぇ・・・
20151205map6.jpg

20151205q.jpg20151205r.jpg20151205s.jpg

さすがにこの時間から稲荷山を登る時間も気力も無かったので、本殿と奥の院だけ参拝しておみくじを引いたのみ。
おみくじは大吉。

20151205t.jpg

おみくじを売ってた巫女さんが外国人相手にノリノリだった上に可愛かった。
日本って素晴らしいね(何が)

伏見稲荷を出たらすでに16:30を回ってて、すでに日が落ちかけて結構暗くなってた。
今から急いで大阪に向かっても御幸橋に着く前に暗くなるのは避けれないので、
どうせ夜間走行するなら予定完遂しようと、師団街道(府道35号)を南下。
途中丹波橋付近で国道24号に移って観月橋に出たら左折して京都外環状線(府道7号)を東進。
このまま府道7号を走って六地蔵経由で木幡まで行って京アニショップを覗くつもりだったんだけど
桃山南口付近で信号待ちしてる時にスマホの地図見てたら、そこから山科川を渡って南下したほうが早いことが判明。
ってか、ここって前に大津行った帰りに迷い込んだところじゃん!
もうちょい言ってたら京アニショップ行けてたのか・・・

京阪宇治線の木幡駅前(本当に目の前)にある京アニショップに着いたときには17:30。
営業時間確認したら、土日祝は18:00閉店とのこと。危ない危ない・・・
ってか、平日は16:00閉店とか誰向けの店なんだ、ここ(笑)

店内は6割ぐらいFreeだった印象。
お客さんもほとんど女性だったしね。
うーん、私はFreeにそこまで嫌悪感あるわけじゃないけど、さすがに場違い感があったなぁ。
とりあえずユーフォニアムのガイドブックだけ買って撤退。

その後は府道7号を南下して、宇治に着いたのは18:00過ぎ。
昼間には人が多い宇治橋も暗くなるとさすがに人通りが無い。
20151205map7.jpg

20151205u.jpg

ユーフォニアムでの作中通りほんのりライトアップされてたので、おもむろに走って
「上手くなりたぁーい」とか叫んでみようかと思ったけど、40過ぎのオッサンがやるとただの不審者なのでやめた(笑)
さすがにこの暗さで宇治神社とか行くのもどうかと思ったので、そのまま帰阪の途に。

宇治からはいつも通り府道81号を西進して御幸橋へ。
いつもなら御幸橋で軽く休憩するところだけど、すでに19:00前で完全に真っ暗だったので
そのまま旧京阪国道(府道13号)に突入。
いつもなら30分程度で関西医大に着くんだけど、府道13号に入ってからどうもパワーが出ない。
思えば御幸橋の時点で100km超えてたので、多分エネルギー切れだろうと判断して牧野近くのマクドに入ってしばし休憩。
20151205map8.jpg

30分ほど休憩した後しばらく走ったらエンジンがかかり始めた。
こまめにパンは食べてたんだけど、やはり100km走った時点で大休止は必要だね。

その後はまぁ、いつもどおり枚方から国道1号に合流して京橋まで走り、
そこから天満橋経由で日本橋に帰還。
20151205map9.jpg 20151205map10.jpg
自宅到着が21:30過ぎで、走行距離137.71km、平均17.0km/h、走行時間8:06:02だったとさ。
二ヶ月ぶりの長距離走行だったけど、基本平地だっただけあって100kmを超えるまでは疲れらしい疲れも無く
割と良い感じで走行できた。
これだったら、年内どこかのタイミングで和歌山チャレンジもできないことは無いかなぁ?
多分に天気次第のところはあるが・・・
posted by HAGER管理人 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2015年11月29日

もはやコンペとは呼べないのかもしれない・・・

今日はメタルボックスでコトブキヤコンペが開催。
コトブキヤといえばいろんなジャンルのキャラクターモデルを出してるメーカーで
私もゾイドやらフレームアームズをよく作ってるだけにこのイベントは外せない。
と言うわけで、私も賑やかしながら作品を作って持っていった。

20151129f.jpg

今年のコトブキヤの代表キットとしてまず名前が挙がるのは「フレームアームズ・ガール(以下FA:G)」と思う。
私はモデグラでセンチネルやってたころからのメカ少女好きなので
「ついにここまで来たか・・・」と感慨深いわけだよ。
しかもそのプラモがバカ売れで入手困難になってる上に、バンダイまでMS少女(正確には違う)の
プラモを出すなんて、20年前の私は想像してなかったよ(笑)

まぁ、そんなわけでそのFA:Gの第一弾「轟雷ちゃん」が発表された時点で購入することは決定してたし
発売されたら、本家フレームアームズの轟雷のバリエーション機「ウェアウルフ・スペクター」として製作しようと考えて、
発売の3ヶ月前からウェアウルフ・スペクターのキットを買ってる始末(笑)
まぁ、結局いろいろ忙しくて製作を始めたのは11月入ってからだったが・・・

まずはFA:Gの轟雷ちゃんを仮組みして、そこにウェアウルフ・スペクターのパーツを合わせるわけなんだけど
案の定、パーツがデカすぎて収まりが悪い。
轟雷→ウェアウルフ・スペクターは、肩と脚が強化型の装甲に換装されてて武装に大口径の電磁砲と大型シールドが追加されてる。
武装はともかく装甲はサイズが違いすぎて流用しようが無かったので、当初はパテやプラ板で新規製作しようと考えてたんだけど
11月中旬に精神的にダウンしたのもあって製作時間が取れず、結局流用することに(泣)

もちろん、そのまま流用はできないのでウェアウルフ・スペクターの脚の装甲パーツを切り刻んで特徴的な部分だけを残し、
それを轟雷ちゃんの脚のハードポイントに取り付けて被せるようにした。
それでも脚の長さが足りないので、ウェアウルフ・スペクターの足首パーツを加工してネオジム磁石を仕込み
轟雷ちゃんの足首にゲタを履かせることにしてクリア。

肩は元々の轟雷ちゃんの肩アーマーの上にすっぽり被せるようにしたら、軸を切り飛ばしてプラサポでジョイント作るだけで
簡単に流用できた。
武装はウェアウルフ・スペクターのものをそのまま流用。
もともと電磁砲は長すぎて収まりが悪かった上に重量バランスも悪いのでベース必須かと思ってたけど
ゲタを履かせたおかげで上手く立ってくれた。

20151129a.jpg

ただ、それを立たせるとどうししてもスペクターのパーツがゴツくなって、轟雷ちゃんのラインと合ってくれない。
なので、そのラインを誤魔化すために、トイレットペーパーにアクリル絵の具を染み込ませて強度を上げたものを布に見立てて
スカートとケープっぽい感じで腰と肩に巻いてみた。
これも元々パテで作るつもりで固定ポーズにする予定だったんだけど、時間の都合でトイレットペーパーになった(笑)
結構思った感じになってくれてよかった。

問題はウェアウルフ・スペクターのスペクターたる一番の特徴である、頭部のバイザーパーツだけど
コレは逆にウェアウルス・スペクターのパーツが小さすぎて、どうにもまとまってくれない。
やむなくバイザーパーツを7mmぐらい幅増ししてシアノンで形を整えた。
そしてそのバイザーが付く轟雷ちゃんの頭だけど、本来のバイザー?の上にスペクターのバイザーが付くのか
本来のバイザーを外してスペクターのを付けるのかで結構迷った。

結局フレームアームズのキット同様にバイザーを外すようにしたんだけど
考えてたポーズはスペクターのバイザーを脱いだ?状態だったのでバイザーを装着するための軸穴や段差はすべて埋めたり削ったりして
普通の前髪状態になるようにした。
あと後述の理由で髪のボリュームを抑える必要があったので、髪のラインを改修がてら整理した。

手はMSGのシャープハンドに換装し、同じくMSGのブーメラン・サイズ(鎌)を持たせてみた。
やはり死神(スペクターは「亡霊」だが)には鎌だろうと(笑)

そして仕上げ。
元々は普通に仕上げるつもりだったんだけど、それだと地味になるだけだったのでもっとアンデッドっぽくボロボロな感じにしようと方向転換。
ウェアウルフ・スペクターの説明書に書かれている戦闘の後に放置された状態という設定にして
文章内で書かれている破損箇所を再現(さすがに腕が吹っ飛んだ描写は女の子に置き換えるとマズいので砲身に変えた)してみた。
ポイントは残った方のシールド(片方は戦闘中に吹き飛ばされてる)内に装備されているミサイルを発射済みにしたこと。
まぁ、弾頭部分に穴空けただけだけど、結構雰囲気が出てくれた。

塗装もオキサイドレッドを塗った後にクレオスのシリコーンバリアを塗り、その後基本塗装をしてそれを剥がす手法を試してみた。
結構良い感じになるけど、それっぽく剥がそうとすると結構時間がかかる(泣)
この時点でイベントまでギリギリだったので、1500番の紙やすりで軽くヤスることで基本塗装の塗膜だけを剥がすようにした。
ただ、これだとあんまり剥がれた感が強くないのでまだ試行の必要があるなぁと。

そして今回の目玉!
エアテックス社から発売されてる蛍光塗料「ルミネ」を使って、
普段はゾンビっぽい顔だけどブラックライトを当てると普通の顔が浮かび上がるというのをやってみたんだけど、これに失敗(泣)
そもそもルミネはブラックライトを当てないと発色しないので、調色の段階でライトを当て続けないといけない。
しかも乾燥しないとどんな色になるか分からないし、塗るときにもライトを当て続ける必要があるという厄介な塗料。
その上、当てるブラックライトの波長によって色が変わるので、塗るときと同じライトを使わないといけない。
結局、ゾンビ顔までは上手く行ったものの、ライトを当てて浮かび上がる顔が微妙な出来になったのでこのプランはお蔵入り(泣)
せっかく若干髪が抜けた感を出すために髪の毛のボリューム減らしたってのに・・・

20151129b.jpg

仕方がないので、塗料を落として通常状態で幽霊っぽくなるという次善策に切り替えたわけだけど
塗料が関節のABSに染み込んだのか、肌色パーツの関節が悉く粉々に・・・
この時点でイベント前日で、店頭で売ってもないしパーツ請求も間に合わないということで
同じパーツが入っているFA:G「スティレットちゃん」の肌色パーツを流用する羽目になってしまった(泣)

肌はホワイトに色の素のシアンをごく少量混ぜたものを肌色の上に重ね塗り。
はじめは目は塗り分けてたけど、塗ってるうちに浮いてきたのでアイプリント消えない程度に上から塗料を被せていった。
髪の毛は肌の色に色の素のシアンをさらにごく少量混ぜたもの。
両方ともツヤ有りにして、完全つや消しの胴体からぼんやり浮いてる感じを狙ってみた。

20151129c.jpg20151129d.jpg20151129e.jpg20151129g.jpg

あとは、ルミネを使わないのがもったいなかったので、ずいぶんと簡素にはなったけど目と口をルミネの赤で塗装し、
ブラックライトを当てると違う表情になるというギミックを仕込んだ。
それと分かって見たら塗料が乗ってるのは分かるけど、初見では誰も気づいてなかったので上手く騙せたはず。

20151129h.jpg

ってな感じで、紆余曲折あったものの何とか完成して持ち込み。
コンペは凄まじい作品のオンパレードで、私の作品なんてマジで賑やかし程度にしかなってない感じだった(泣)
ここ最近のメタルボックスコンペのレベルの上がり方は異常。
ってか、前にコンペは気楽に作品を持ち寄る場で、コンテストこそがガチという話をきいたことがあるんだけど
気楽に作ってる人なんて居たか?(笑)
他の方の作品はメタルボックスのブログ参照ということで
その1
その2
店長と同じキットを作ってるとは思えんな・・・

と言うわけで、年内のプラモ製作はこれで完了。
あとは原型製作に集中・・・のはずなんだけど、もしかしたら何か作るかも。
まぁ、それも仕事次第ではあるんだけどさ・・・
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作

2015年11月07日

ZAOD2015に行ってきた

今日は東京秋葉原にほど近いアーツ千代田3331にて第6回ZAODが開催。
翌日が神戸でトレフェスということもあって当初不参加のつもりだったんだけど
フォンタナさん主催のガトリングコンペで、CIWSタートルがまさかの立体部門一位を戴いてしまい
ZAODでガトコンコーナーが用意されるということで参加する流れに(笑)
参加申込はすでに終わっていたんだけど、柔軟に対応いただいた運営の方々には頭が上がりません。

で、参加することは決まったんだけど、せっかく東京まで行くのに持っていくのが亀一つってのもどうかな?と思い
過去作のHMMゴジュラスベースのデスザウラーとライジャー風味ライガーゼロ「E-09」を持っていくことに。
ただ、デスザウラーはともかく、「E-09」の方は単体だと微妙なところだったので
制式採用された方の帝国版ライガーゼロである「イクス」を追加製作し、簡易ディオラマ仕立てにしようと考えた。
参加が決まってから作り出したから、製作期間は一週間。(←またかよ)
とは言っても、「E-09」製作後に「ライバル機もそのうち作ろう」とトミー版の「イクス」は購入済みだったので
あとはライガーゼロ本体を買ってマッチングさせるだけだったんだけどね。
以下、製作のタイムスケジュール(笑)

10/28(水)
参加の流れになりつつあったのでライガーゼロ購入。
何故か日本橋の模型店を探しても素体のが無かったので、イェーガーを購入。
これでウチには使ってないパンツァーとイェーガーのCASが丸々残ってるぜorz
帰宅後、参加申し込みを行なって素体の製作開始。その日は顔〜胴体と前足のみパチ組み。

10/29(木)
帰宅後に残る部分の組み立てとトミー版イクスとのマッチングを開始。
パーツ寸法的にはバッチリで不要部分を削り飛ばすだけで取り付けできそうな感じ。

10/30(金)〜11/01(日)
週末を丸々費やしてマッチング作業完了。
プラサポをジョイントに瞬間接着剤やシアノンでトミー版のパーツを固定。

各部のフィンをシャープ化しようかとも考えたけど、放熱板ならそこまで尖らなくても良いだろうと言い訳してスルー(笑)
その理屈だと腹部に接続されてるエレクトロンドライバー兼スタンブレードは尖らないといけないんだけど
表面にいろいろモールドが入ってて削るの大変そうだったので、二本のブレードの間から弾体や刃を形成するというオラ設定を発動。
ブレード間にMSGやらスプリングやらを詰め込んでそれっぽくしてみた。
20151107d.jpg
当初は砲身を光らせようとミライトを仕込もうかと思ったけど、日本橋では見つからなかったので断念。
代わりに魂ステージの電撃エフェクトがあったので、これを使う方向にスイッチ。

あとはエロクトロンドライバーを接続するアームが長すぎたので詰めたぐらいかなぁ?
本当にパーツ寸法はHMMにピタリと合うので他は特に苦労は無かった。
当然、各パーツは取り外しできるので、素体状態にすることも可能。

製作の際にはライガーゼロコレクティングのシュウヤマさんの作品をかなり参考にさせていただいた。
作ってる途中にそのシュウヤマさんが、新規でイクスを作ってくるのを知ってかなりプレッシャーだったけど(笑)
そして途中写真撮ってないorz

11/2(月)
仕事から帰宅後に塗装開始。
「E-09」との絡みでイクスはPK師団仕様にするつもりだったので、赤が乗る部分の下地塗装を実施。
思ったよりパーツが多くて結構大変。

11/3(火)
本格的に塗装。
赤以外は黒と黒鉄色なので塗るのはラクだったけど、赤の色味がかなり難しい。
アイアンコングPKと色を合わせたかったので横にパーツを置いて調色したんだけど、結局ドンピシャな色は作れなかった(泣)
しかも写真に撮ったら実物とは全然違う色になるし・・・
20151107a.jpg20151107b.jpg20151107c.jpg

肩?のクリアパーツはもともとスモークブラックにしてたんだけど、あまりにも地味になったので
急遽ドボンしてクリアグリーンに変更した。
その過程でホコリを巻き込みまくって後日コンパウンドで磨くハメになったけど、結局綺麗にはならなかったなぁ(泣)

マーキングはPK師団のマークのみアイアンコングのシールから拝借して、
あとはHQパーツのデカールを中心に手持ちのをペタペタと。
番号(115)なんかはタミヤ2号戦車の死にかけてたデカールだったり(笑)

で、完成〜と思ってTwitterにも上げたんだけど、この時点ではツヤ消してなくて
「E-09」との絡みを考慮してツヤ消したら一気に地味になった(泣)
20151107e.jpg20151107l.jpg
まぁ、そんなに綺麗なグロス塗装でもなかったし、作品の統一感という意味でもこの方が良かったけどね。

11/4(水)〜11/6(金)
ツヤ消し塗料がかかってしまったクリア部をコンパウンドで磨いたり、
デスザウラーやE-09の脆弱な部分を補修したり、簡易なベースを作ってたりしてたらあっという間に出発前夜。
いろいろ物足りないけど、時間の限りでは頑張った。


と言うわけで、久々にワンフェス以外で上京。
朝7:00の新幹線に乗るべく、5:30に起床して出発。
新幹線は普段爆睡してるかメンバーと喋ってるので、初めてゆっくりと車窓からの景色を見れた。
うん、この距離を自転車で24時間で走破するのはありえなさすぎる(笑)

9:30に東京駅に到着し、山手線で秋葉原へ。
会場は末広町のまだちょい北なので、駅からちょい歩く。
普段は秋葉原に来ても末広町あたりまでしか行かないので、「こんなところまで人来るのか?」とか思いながら会場に到着。
すでに会場は開いてたので、運営の方に無理な参加への対応についてお礼を言いつつ受付。

ほどなくして設営が始まり、周りにどんどん凄い作品が構築されていく。
私も自分の作品を組み立てるんだけど、傍に立てるつもりだった作品説明のPOP(吸盤付きクリップを使うつもりだった)が
布製のテーブルクロスで立ってくれない(泣)
亀はともかく、「E-09」とか知らん人が見たら意味不明だぞ、これ(笑)
20151107j.jpg
テーブルの前に付けようかと思ったけど文字が小さめで読みづらいし、エントリーシートやプロフィールシートもあるので展示は断念(泣)
悔しいのでここで晒す(笑)

晴天の傘
帝都の老獅子

亀の方は読めば分かる(と思う)けど、ライガーゼロのほうは補足しないと何が老獅子なのか分からんことに今気付いた(笑)
「E-09」は正式採用されなかったライガーゼロのCASなのは書いたとおりだけど、
これが配備された首都防衛隊というのが二線級の機体ばかりが集められた戦力としては期待できないお飾りの部隊。
対して、イクスが所属するPK師団と言うのは帝国宰相プロイツェンの親衛隊というか私兵集団で、最新鋭機体が優先的に回される部隊。
で、そのPK師団がプロイツェンに呼応して帝都で反乱を起こしたわけで、言わばベルリンで国民義勇隊に武装SSが襲い掛かるようなものだね。
何でプロイツェンが反乱を起こしたのかは、書くと長くなるので知らない人はググって(笑)

ただ、この時のプロイツェンは帝国首都になだれ込んでくる共和国軍・帝国軍もろとも帝都を吹き飛ばすつもりだったので
帝都で蜂起したPK師団は捨石になることを覚悟した老兵ばかりで構成されていたんだよね。
で、冒頭に出てくる迂闊なケーニヒさんは、帝国の高速ゾイド部隊の教官でE-09のパイロットの元同僚。
帝都での蜂起を計画した際に弱兵の首都守備隊の中で脅威になりそうなE-09を抑えるべく志願したという設定。
PK師団主力のアイアンコングだとE-09の相手はちょっと厄介だと思うしね。
と言うか、イクスは真の主力である鉄竜騎兵団の所属だから本来は帝都に残ってないと思うんだけど
ライガーゼロ・コレクティングの時に設定に書いちゃったから(笑)セルフフォローということで。

そんなこんなでバタバタしてたけど、周りの皆さんもかなり苦労してる模様。
私のはコンペとかに持っていくために比較的組み立て&分解がしやすいように作ってるんだけど
皆さん限界まで攻めてるから、絶妙なバランスで組まないと立たない作品も結構あったらしい。
極めつけはアシュレイさん作の全高1.8mぐらいあるペーパークラフト(!)デスザウラー。
組み立て時はまさしく「建造」といった雰囲気だった(笑)
20151107m.jpg

そしてその建造を手伝ってる間にZAOD開幕。

20151107f.jpg20151107g.jpg20151107h.jpg20151107i.jpg

開幕してみるとひっきりなしに人が来て、会場内は常にごった返してる状態。
まぁ、参加者があまり動かなかったので常時50人ぐらいは常駐していたと思うけど
それ以外の見物の方もかなり多かった。
日本橋で開催した第5回の時より混雑してたんじゃないかなぁ?
(後日、運営からの発表で参加者、来場者ともに過去最高だったと発表あり)
何にしてもすごい人出だった。

隙を見て昼飯がてら秋葉原をぶらり。
小さな中古屋で組み済みの新世紀版ゴルドスとディメトロドンを発見し、
ディメトロドン3000円は即決、ゴルドス8000円は10秒ほど迷って購入。
ディメトロドンはともかくゴルドスは日本橋では永らく見てないから
このチャンスを逃したら今後手に入ら無さそうだったんだよねぇ。
初めて買ってもらったゾイドだから割と愛着もあるしさ。
これで満足してしまったので、他はコミックZINでロングライダーズ5.5を買った程度で会場に帰還。

16:00から17:00は会場の警備当番だったけど、特に何が起こるわけでもなく時間が過ぎ
18:00にZAODが無事閉幕。
作品を眺めてると思いの外時間が早く過ぎた。
Twitterでフォローしてもらえてる人とも交流できたので楽しい一時だったよ。
皆さんの私の認識が揃って「海亀の人」だったので、コンペの影響力すげぇと思ったが(笑)

皆さんは片付け後打ち上げだったけど、私は翌日神戸で開催されるトレジャーフェスタに行く予定だったので
片付け完了後早々に撤収。
同じく大阪のゾイダーR.のぶおさんとしばしラジオ会館をぶらぶらし、20:10の新幹線で帰阪。
23:00すぎに自宅に無事到着。
20151107k.jpg

思いの外疲れたけど、ゾイド成分を存分に吸収できた一日だった。
次のZAODがいつ、どこで開催されるかはまだ未定だけど、次も何か作って参加したいところ。
まぁ、ネタはもう考えてるんだけど、果たして作るヒマがあるかどうか・・・
posted by HAGER管理人 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作

2015年10月10日

思い立ったが五ヶ月

宇治川を遡上して滋賀行きを思い立ち、宇治まで行ったのが今年5月末
ここのところの宇治行きでようやく目処もついてきたし、三連休で天気も良くもなく悪くもなくという自転車乗るにはちょうど良い条件だったので、
ワンフェスの本申請スケジュールには目を瞑って(またか)ついに滋賀行きを敢行。
まぁ、ユーフォニアムの版権が通ってればそんな暇も無かったんだけど、幸いにも(?)落ちたので
気持ちに余裕ができたってのもある。
なお、スケジュールの余裕は全く無い(ダメじゃん)

前回10時に宇治集合で時間的に微妙だったので、今回は5時起き6時出発で9時に宇治入りという計画。
これで昼前には大津に入れるんじゃないかという計算だったんだよね。
しかし、前日にドラゴンズドグマで面倒くさいことになって、結局寝たのが2時だった時点でその計画は崩壊。
結局6時半起き、7時出発と言う前回と同じスケジュールになってしまった(泣)

7時出発で例によって天満橋のコンビニで物資の買出しをして、大川CRに突入。
7:30ちょい過ぎに淀川CRに移行.
20151010a.jpg
・・・と、ここで自転車(ロードとクロス)で立ち往生してる母娘らしき二人連れが。
お母さんらしき人のクロスがペダルが上手く回らず漕ぎ出せないとのこと。
見るとチェーンの位置と変速機の番号が合ってなかっただけだったのでサクッと直してあげた。
娘さん、ロードに乗ってるのに分からなかったのが不思議なんだが・・・初心者でいきなりロードな人だったんだろうか?
ちなみに母娘と言っても娘さんが大学生or社会人ぐらいな感じだったので、ロリの血が騒いだわけじゃないのであしからず(笑)

良いことすると気分が良いので、微妙な向かい風の中をちょい重めのギアでガシガシ回す。
でも第一休憩ポイントの関西医大到着が8:40。
そこで10分休憩して、御幸橋通過が9:20と前回とほぼ同じペース。
20151010b.jpg
ただ、そこから前回・前々回と使用した府道81号を使用せず、宇治川CRに入ったのが間違い。
国道1号と交差する箇所にまともな道が無く、堤防下の畦道みたいなところを自転車押して歩いたり
宇治川が湾曲して流れてるから結局遠回りだったりとイマイチな結果に(泣)
前回が宇治に10:00着だったのが、今回10:30だったからなぁ。

でも、5月にこの辺通った時に遠くからしか撮れなかった澱川橋梁が間近で撮れたのは良かった。
やはりこういう大型建造物は良いよね。
20151010c.jpg
JR側から宇治橋を撮ったりしてから天ヶ瀬ダムへ。
20151010d.jpg
今回は前回の宇治川西岸(府道3号)ではなく東岸を使用。
20151010e.jpg
これが途中の橋(天ヶ瀬ダムを正面から見れる)まではとてものどかな道なんだけど、そこからダム上までがつづら折りの急坂。
しかも今は工事中で通り抜け用の細い通路しかなく、まともに自転車では通れなかった。
工事区間が終わったらいきなり急坂が始まるから登るの大変だしね(泣)
結局押してダムまで上がったよ・・・多分ここが今日で一番疲れた。
自転車で上がるなら府道使うほうが絶対にラクだと思う。

ダムで一休みして11:00に出発。
そのまま府道3号を走るわけだけど、これがもうすごい山の中(笑)
20151010f.jpg
道自体は概ねフラットで交通量も多くない(その代わり通る車は大抵かっ飛ばしてる)ので走りやすいんだけど
風景的には面白くなかったかなぁ?

天ヶ瀬ダムを出て30分ちょい、曽束大橋を渡って少し行くとついに滋賀県の看板キター!!
ってか、こんな山奥で大津市ってのもどうよとは思ったけど(笑)
20151010g.jpg
引き続き府道3号を走行し、ダムから1時間ほど走ると山と川しかなかった風景が開けてくる。

瀬田川洗堰を撮影したりしつつ進んでいくと、京阪石山坂本線の終点石山寺に。
20151010h.jpg20151010i.jpg
珍しく?両ホームに電車が止まってたので撮影しといた。
ここでユーフォニアムのラッピング電車だったら完璧だったんだけど(笑)

ちなみに石山寺自体は何か山の方にあるみたいだったのでスルー(笑)
ってか、今回は寺関係がことごとく山の方にあったのでどこにも寄ってないよ・・・

石山寺の駅からしばらく行くと瀬田唐橋。時間は12:30。
20151010j.jpg
う〜ん、思ったよりダムから時間かかるなぁと、ここでサイコンみたらすでに出発から75km!?
出発前にルートラボで確認した時には全行程で130km少々だったはずなんだが・・・
どこかでルート計算間違えてるか?とか瀬田唐橋の傍らのベンチで休憩してると
相崎からメールが来たので折り返しで電話。
相崎も今日は阪南市方面に遠出してるらしい。
結構な長電話になって走り出したのは12:50。

とりあえず相崎からの頼まれモノを買うためにBOOKOFF大津石山店に行く必要があったので国道1号線を目指し
国道422号(同じ道だけど府道3号→県道3号→国道422号に変わる)を北上。
で、ちょうど国道1号との交差部分でケンタッキー発見!
途中ちょこちょこパンを食ってたとはいえ、時間が13:00でさすがに腹が減ってたのでここで昼食。
いやぁ、ケンタッキーとか久々に食べたよ。
値段とボリュームのバランスはイマイチだったけど美味かった。

ケンタッキーでちょい休憩して国道1号との立体交差に上がる。って、この道西方向に自転車走行できないじゃん!
京都でもそうだったけど国道1号は車に特化しすぎてやしないかい(泣)
やむなく湖岸道路(県道102号)を走り、
20151010k.jpg20151010l.jpg
迷いながらもBOOKOFF大津石山店へ。
お目当てのブツは無事GET。
他にめぼしい物も無かったし、時間も予定より押し気味だったので大津に向けて国道1号を走行。

14:00すぎに大津の滋賀県庁に到着。
20151010m.jpg
これで滋賀は制覇だ!!琵琶湖とかこれっぽっちも走ってないけどな(笑)
大津は地味に高低差があって疲れた身体にはキツかったし、あんまりヲタ的な匂いもしなかったので早々に退散。
国道1号を走行して今回一番の懸念、逢阪峠に突入!
・・・と思ったけど、前回の天ヶ瀬ダムと同様、何かあっさり登れてしまった(笑)

まぁ、それなりにしんどくて速度も出なかったけど、時間にして15〜20分程度だったんじゃないかなぁ?
あと大津→山科方面だと歩道があったので、車を気にせずゆっくり登れたのがよかった。
実際、山科→大津に走行してる人もこっちの歩道走ってる人多かったしね。

と言うわけで、京津線大谷駅を通過するとあとは下り。
途中、府道35号、国道1号を経由して京都外環状線を南下、六地蔵へ向かったわけだけど
大谷駅から府道35号を走ってる間はずっと下りだった。そりゃもう「こんなに登ったか?」と思うぐらい(笑)
次大津行く時(そんな機会あるか分からんが)も絶対宇治川ルートにしよう。

京都外環状は交通量も信号も多いので速度は出ず、六地蔵に着いたのは15:30。
ここで木幡の京アニショップを覗いてみようと京阪六地蔵から南下したつもりが
どこをどう間違えたのか桃山南口の方に行ってしまった。
素直に府道7号を南下してれば良かったのに・・・

もう一度戻る気力も無いのでそのまま西進して観月橋を渡り、来た時通った宇治川CRに復帰。
例の国道1号をくぐる畦道を自転車を押して渡り、御幸橋に16:00過ぎに到着。
ここまで来たらもう勝手知ったる道。
16:30に出発して府道13号を南下して17:00過ぎに関西医大通過。
国道170号経由国道1号を走行して18:30にメタルボックスに到着。
そのまま閉店までダベりつつ休憩し、20:30に自宅に帰還。

今日の結果は
走行時間:8:11
走行距離:143.04km
平均時速:17.4km/h

今年3月の奈良行きの127.74kmを上回る過去最長記録だったけど、あの時ほど疲労はひどくない。
まぁ、前二回の宇治行きみたいにほぼ疲れ無しとはさすがに言えないけど、
ブッ倒れるほどではないほど良い疲れという感じかな?
今日はよく寝れそうだ。

と言うわけで、ついに近畿制覇まで和歌山を残すのみとなったわけだけど、
その前に完全放置してる艦これの原型を頑張らないと。
明日明後日で何とかなるかなぁ・・・
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2015年09月30日

共和国軍でも駄作機ですいません

昨年に引き続き、今年もフォンタナ氏主催のゾイド「ガトリングコンペ2015」に参加。
今年のお題は「ガトリング」とうことで、元々ガトリングを装備してる機体でも新たにガトリングを装備しても良い模様。
ゾイドとガトリングと言われると真っ先にダークホーンが思いつくけど
それは他の人も同じだろうし、前回が(一応)帝国ゾイドだったので今回は共和国にしようかな?と。

ちょうどガトコンの発表があった頃、メタルボックスで店頭見本用の組立済キットのワゴンセールをやってて
そこでHMMのアイアンコングとカノントータスを買った時に、
「シュバルツコングは誰かやるだろうし、カノントータスのカノンをガトリングに替えたらお手軽かなぁ?」と考えたのが今回の基本コンセプト。
他には帝国共通コクピットを付けたHMMクオリティ(当然フルスクラッチ)の超格好良いグライドラー(笑)とかも考えてたけど
猛烈に忙しかったのでこちらはボツに(泣)

そんな感じでプランだけはあったんだけど、7月以降は仕事→ワンフェス→ウィーゴパーティ→旅行→T&A製作会といろいろあって
実際に製作に入れたのは9月に入ってから。
9月上旬にこれを片付けて、中旬から前回の日記に書いた宇宙世紀コンペの製作に入るという強行スケジュール。
実際、製作期間はほぼ一週間(笑)
それでも前からスケジュールがズルズル遅れててヤバいなぁと思ってたら、フォンタナさんが期日を延長してくれた!!
私のために延長してくれたわけじゃないけど、ありがとうフォンタナさん!

そして、宇宙世紀コンペが終わった後(9/27)から塗装開始。
その日のうちに基本塗装、翌日仕事から帰宅後細部塗装&デカール。
翌朝ツヤ消し吹いて、帰宅後撮影して投稿と言うなかなかの強行軍だったとさ。

で、唐突に塗装直前写真(笑)
20150929a.jpg20150929b.jpg

名前は「CIWSタートル」
「CIWS」(シーウスと読む)というのは「Close In Weapon System」の頭文字。
防衛網を抜けてきた対艦ミサイルを最終迎撃する近接防御火器システムのことで、護衛艦にも搭載されてる「ファランクス」が有名。
「タートル」は言わずもがな、海亀のこと。
HMMのカノントータス見たときに「海亀っぽいな」と思ったのよ。トミーのは完全に陸亀だけど(笑)

で、前述の通りカノントータスのカノンをガトリングにするのは決めてたんだけど
設定が無いと作れないのが私の悪いところ(笑)
そもそも何のためにガトリング積むの?というところから考えた結果が、「艦隊をシンカーのミサイル攻撃から守る」という設定。
旗艦のウルトラザウルスは対空兵装少ないし、バリゲーターは対空ミサイルしかないし、スネークスにいたっては対空兵装無さそうだし(笑)
頼みのバリゲーターもフロレシオ海戦でシンカーに一方的にボコられてるので防空能力の強化は必要かな?と。
海亀っぽいHMMを海亀にしてしまうのもここで決定。

設定を考えたら今度はデザイン考案。
CIWSとして使うには音速を超えて飛んでくるミサイルに対応するために高速旋回できる性能が必要。
で、カノントータスの砲塔を見ると、重厚でいかにも旋回遅そう(笑)
加えて、元々のカノンに匹敵する大きさのガトリングだと威力はあるだろうけど肝心の発射速度や携行弾数が落ちそうなので
小口径かつ長砲身(初速と弾道安定性が上がる)のガトリングを高速旋回できる機構にするように決定。

当初はファランクスみたいなのを砲塔を撤去した場所に置こうかとも思ったけど、格好悪い上に海亀っぽくなかったのでボツ。
で、考えたのは海亀っぽい背の低い甲羅にガトリングを収納して使用時に展開する方法。
これならデザイン的にも問題なし。
問題は工作期間(泣)

20150929d.jpg
ガトリングの弾倉はウェーブのタンクの一番デカいのを胴体内に収納。
それに伴い、胴体中央にあったゾイドコアは首の後ろに移設。
このスペースはもともと首を引っ込める場所だけど、海亀は首引っ込まないからね。
で、その弾倉から揚弾するために、もともと砲塔が付いてた場所をくり抜き旋回ターレットをプラ板で作って展開用アームの基部を取り付け。
揚弾ベルトはコトブキヤMSGのベルトリンクにしようと思ってたけど、ガトリングに対してゴツすぎるので、1mmスプリング2本にしといた。

20150929c.jpg
ガトリング本体はMSGのガトリング(先端だけあるやつ)の一番小さいの+1mmプラ棒で製作。
甲羅の一番上になる部分は同じくコトブキヤのエクシードバインダーを加工して使用。
で、これとカノントータスのもともとのボディが繋がるよう、0.5mmプラ板を現物合わせで貼り、それっぽいディティールでデコレートした。
ちなみにカノントータス本体のディティールはいかにも陸上兵器っぽかったので、ほぼ削り落として穴は埋めてる。

20150929p.jpg
海亀の甲羅は後ろが尖っているので、こちらも0.5mmプラ板で延長しカノントータスの後部にあった丸モールドを塩ビパイプにくっつけてノズルっぽく処理。

20150929e.jpg20150929f.jpg
前足はこれまたエクシードバインダーを使用。
2セット使って本来翼になる部分を外装で挟んで、空いた隙間に関節やらノズルを仕込んで間延びするのを防いでる。

20150929g.jpg
後ろ足は前足では挟んでた翼をそのまま使用。
接続部はフレームアームズで大抵不要部品になるアーキテクトの背部パーツ(笑)

20150929h.jpg
CIWSなので独自レーダーが必要と言うことで、カノントータスのアンテナをHIPS関節で取り付け。
皿型レーダーは今回唯一のガンプラ、ジャイアントガトリングの弾倉部分から拝借。
ここまで来て、あまりに火力が貧弱なことに気付いて、カノントータスの対空砲をそのまま流用。
これでシンカー本体も(多分)落とせる(笑)

塗装は初期共和国のくすんだ青と現用艦っぽいグレーということで、ミディアムブルーと軍艦色(1)で。
ミディアムブルーが思ったより青くてちょい鮮やかすぎたかも。
レーダー部はグランプリホワイトで、センサー部にアクセントで赤のメタリックシールをペタペタと。
デカールは初期ゾイドっぽくもっとゴテゴテ貼っても良かったけど、前述の通り時間が無かったのであっさり目に抑えた。

と言うわけで完成。
20150929i.jpg20150929j.jpg20150929k.jpg20150929l.jpg20150929m.jpg20150929n.jpg20150929o.jpg

設定としては本土に攻め込まれた共和国軍が一発逆転を企図して帝国領への迂回上陸を実行したミーバロス上陸戦に投入されたということにした。
ここで作戦失敗したら共和国は致命的だろうから、上陸艦隊の安全は何があっても確保しないといけないだろうしね。
ご存知の通りこの作戦は大成功で、共和国領に攻め込んでいた帝国軍は退路を絶たれることを恐れて撤退。
その後は帝国領内での戦いになって帝国の敗北へと向かうわけだけど、陸での機動性がフロレシオス並なコイツだと上陸後はロクに動けない上に
陸戦ゾイドを相手にするには火力がなさ過ぎるので、上陸後は役に立たなかっただろうなぁと。

結局帝国軍が暗黒大陸に逃げるまでは沿岸警備ぐらいしかやることがなくて、帝国軍が戻ってきた後はウオディックの重装甲には太刀打ちできないから
追加生産もされなかっただろうという、いつもの駄作機オチ(笑)
まぁ、優秀だったら正式採用(=製品として発売)されてるはずだから、それがないということは不採用だったということで。

それでもミーバロス上陸戦のときに活躍できてれば良かったんだけど、三式氏製作の同人誌「ゾイドバトルリサーチ」によると
ミーバロス上陸戦前には戦闘が発生してないことになってるんだよね。
確かにバトストでも完全な奇襲みたいな記述だから、結局コイツは一切活躍しなかったということに・・・
戦間期にゲリラ相手に沿岸警備で頑張ってたということにしといてください、はい。

というわけで、Crazy September(戦車一両+ディオラマ、ガンプラ4体、HMMゾイド一体)はこれで終了。
あとは十月半ばのワンフェス本申請までに原型三体をでっち上げるだけ!!
いやもう、間に合うの?それ・・・

P.S.
twitterで主催者のフォンタナさんから、同作のタイトル「晴天の傘」の意味を訊かれました。
向こうでも返答して座布団10枚貰いました(笑)が、一応こちらでも。
「晴天の傘」は「無用の長物」という意味です。
また、防空担当の艦のことを「艦隊の傘」と呼ぶので、それにも掛けてるわけですね。
共和国艦隊としては無用に越したことはないわけですが、兵器というのは難しいものです・・・
posted by HAGER管理人 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作