2010年01月10日

ようやく終わりが見えてきた・・・

いや、原型製作のハナシではなく(ないのかよ!?)、25年来の夢である
MSVのキットのコンプリートのこと。
基本的に私には収集癖はないんだけど、これだけは別。

思えば初めてマトモにプラモを作ったのが、小学4年生の誕生日に
友人からもらったプロトタイプガンダムとザクマインレイヤー。
キットもさることながら、当時の私が一番夢中になったのが
機体の開発経緯やアニメに出てこなかったエースパイロットの
紹介が載った説明書だったわけだよ。
「いつかすべてのキットの説明書を読んでみたい」
と言うのが、小学生の頃の夢だった。

まぁ、当時はキットを買い漁れるほど金もなく、中学高校と進学するにつれ
プラモとはだんだん疎遠になっていったんだけど、
高校の時の湾岸戦争がきっかけでミリタリー系に傾倒し
そこまらガンプラに回帰するという妙な模型歴を経て大学に。
バイトも始めてそれなりに金を手にする頃にはMSVのキットは
店頭からすっかり姿を消してた・・・

それでもちょこちょことキットを見かけては買いを繰り返し、
2008/04/21に再販されたキットを大量購入。
一気にMSVのコレクションが一気に充実した。
で、その後もあちこちでキットを買って行き、
ついに今日ソフマップのショーケースで再販の際にも見かけなかった
ゲルググキャノンのキットを発見!
同じく持ってなかったジムスナとZザクとまとめて購入した。

で、原型製作そっちのけで所有しているMSVのキットを確認してみると
シリーズ全34種中、28種の保有は確認できた。
そのうち4種は売ってるところを確認できたので明日確保するとして
残るは1/100のプロトタイプドムとパーフェクトガンダム。
どこかで見た記憶もあるんだけど、とりあえず日本橋には
見当たらなかった気がする。
まぁ、明日散歩がてらにちょっと見て回るつもりだけどさ。

全部そろえた後の夢としては、今度は全キットをきちんと作ることだけど
これこそ終わりがいつになることやら・・・
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財

2010年01月08日

久々に絵を描きたくなった

正月に通販を申し込んでいた同人誌が店舗に届いたと
とらのあなから連絡があったので仕事帰りに受領。
モノは「放蕩オペラハウス」のワダツミ氏が編集した「放蕩TRPG部」の
キャラクター設定集。

要するにTRPGのPCをツラツラと並べただけの本とも言えるけど
意外にそういう本は少ない上に、有志で集まった絵描きさんの描く絵が
かなり良い感じだったので購入に踏み切ったと言うわけ。
通販委託と書いてたので通販で申し込んだけど、実際には店舗委託もされてたようで
店頭で見かけてたんだけど、通販申し込んでる手前購入するわけにもいかず
ちと悲しい思いをしてたり(笑)

内容は予想通りかなり良い感じ。
とりあえず女性キャラのほとんどが鎧ガチガチの重戦士なのが非常に私好み(笑)
あと、男キャラも含め鎧のデザインも好きなんだよね。
良い感じにファンタジー鎧って感じで。
以前はこんな絵をちょこちょこ描いてたなぁ・・・

と言うわけで、これ見てるとまたファンタジー系の絵でも描きたくなってきた。
まぁ、それ以上にこういうキャラを立体化してみたいとも思うあたり
絵描きよりはモデラー気質なんだろうねぇ。
で、目の前に転がる原型を見て、やるべきことを思い出す、と。
明日から三連休が正念場だからねぇ。
パテ盛りも終わったし、今日はとっとと寝て明日に備えようか。
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財

2009年11月27日

ちょいハズレ・・・か?

仕事帰りに本屋に寄ったら「かわいい女の子フィギュアを作ろう
動きのあるポーズ編」なるものが出てたので、すかさず購入。
扱ってる素材は前作と同じくファンドだけど、原型師さんや
イラストレーターさんが変わってて、本としてはかなり印象が
変わってる。

本全体の印象としては淡々と作業するだけになったと言うか
なんとなく遊びがなくなった感じで、読んでて楽しくはないなぁ、と。
いや、造形そのものはすごいレベル高いんだけどね(笑)

動きのあるポーズ編と銘打ってるだけあって、肉感の表現については
かなり拘ってる原型師さんっぽい。
ただ、何でそこにもうひと盛りするのかという説明が無いので
骨格や筋肉の付き方をあまり知らない人が見ると、
ピンと来ないと思うんだよなぁ。
まぁ、原型作る人は大抵美術書とか持ってると思うので
それ見ながら作れってことになるのかもしれんけどさ・・・

しかしファンドでここまで綺麗な表面って作れるものなんだねぇ。
私は磨くの得意じゃない(ってか根気が無い)ので、
ポリパテやエポパテでもここまで綺麗に仕上げれないんだが
今やってる原型はこのレベルまで頑張ろうかね?
余計なディティールが無い分、誤魔化しの利かん原型だしね。
とりあえず明日はフリーの予定。
久々に原型をじっくり弄るとするか・・・
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財

2009年11月26日

ついカッとなって

ディスプレイを買ってしまった(笑)
いや、仕事でストレスが溜まってしまったので、つい・・・
購入したのはLG W2243Tの21.5インチワイド液晶。
本当はIOかMITSUBISHIのが良かったんだけど、
IOは見当たらず、MITSUBISHIのは重たくてウチのアームが
保つかどうかが心配(実際、許容重量ギリギリ)だったので
コレになった。

ネットで調べてみたら、評判そのものは悪くないんだけど
土台の取り付け基部が外れない仕様になってたりとか、電源ランプが
赤な上に微妙なデザインなのがマイナス評価という感じ。
この辺は私としてはあんまり気にならなかったんだけど
やはり前に使ってたNANAOのFlexscan L567と比べると
ドット単位での発色がイマイチ。
特に画像フォルダでサムネイルを見るとそれが顕著。
まぁ、そのレベルの精度を求めるような絵とか描かんので
実用上は特に問題ないんだけどね。

一番問題なのは、当然といえば当然なんだけどテレビ画面を映したら
横に引き伸ばされる(泣)
TV BOXの方で設定できるかとも思ったけど、両端を切って4:3で
映すような機能は無かった・・・
しばらく苦闘した挙句、Flexscan L567を当面のTV用ディスプレイとして
併用することに決定。
地デジ対応したらこの辺は解決できそうだしね。
もっとも、いつ対応するかはさっぱり分からんが(笑)

しかしやはり1920*1080は広いね。
今までと画面感覚が違うので思った場所にアイコンが無くて
ちょっと戸惑う。
あと、Webとかやっても横が開きまくって落ち着かんし・・・
まぁ、この辺は慣れていくんだろうなぁ。

ちなみに一番不安なのは電源上部あたりに顔を近づけると
妙にケミカル臭がすること。
以前バッファローのディスプレイが煙を噴いたときに
似たような臭いがしてたんだが・・・
あの時は臭い+煙+熱だったので今回のはまた違うのかも知れんが
ちと気をつけておこう。
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財

2009年08月07日

相変わらずで何より

仕事帰りに本屋に行ったら見かけたのでとりあえず購入。
「ムダヅモ無き改革」の2巻。
うん、1巻に比べると役の説明とかが増えて麻雀漫画っぽくはなってるけど
相変わらず麻雀してないよね、この人たち(笑)

あとガンダムネタが増えてるわ、5人の代表を選出して対決とか
これは咲を意識してるのか?と言う感じで、麻雀が分からなくても
ある程度は楽しめるようになってた。
まぁ、ガンダムも咲も政治家も知らん人は楽しめないかも知れんけど
そういう人はこの漫画買わんだろうしね。

しかし自民党の今後がかなり不安なこのご時世、連載は続くんだろうか?
まぁ、自民党とか全然関係ない方向へかっ飛んでるから別にいいのか(笑)
でも早いうちに次巻は出しておく方が良いかも知れんよ。
そういやオバマ大統領は全力でスルーだったけどその辺どうなんだろ?
posted by HAGER管理人 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財

2009年05月23日

まぁ、意外と・・・

昨日名誉の戦死を遂げたディスプレイの交代要員を物色しに
近所のソフマップへ。
いやぁ、最近のディスプレイって安いねぇ。
22インチのワイド液晶が普通に2万切ってるよ。
でもワイド液晶はイマイチ好きになれんのだよなぁと中古を見に行くと
ナナオのFlexScan L567が1万切ってたので、迷わずそちらを購入。

これは前に使ってたL365の17インチ版で結構古い機種だけど
ナナオだけにモノは良いはず。
相変わらずデフォルトの色合いが暖色系というか赤っぽい感じだけど
発色は良好で、表示も調整したらクッキリしたので良い感じ。
使用時間も3000時間弱と発売年次と中古品と言うことを考えると
そう悪くない。
ワイドはコイツがオシャカになった時に考えよう(笑)

絆はジオン3クレで4勝2敗、連邦2クレで2勝2敗。
もう組んだ他店の力量で勝敗がモロに分かれる感じ。
最終クレは連邦で8バー相手に連勝できたのは良かった。

ミノ粉とは言え、タンクで高台進行→アンチ優勢→タンク中央へ→
アンチ高台に集中で気づかず→ドッグ内→ユーコン下と全く発見されず。
しかも終盤上陸してユーコン横から散弾撒いてたのに
8バーの誰も気づかないと言う・・・
散弾で撃墜してリスタしたザク改が目の前に落ちてきたのに
そのまま気づかず、ダッシュしていったのは笑った。
まぁ、乱戦だとどこから散弾撃たれたのか案外分からんのかもしれんが。

逆に敵タンクはひたすら中央進行とバースト頼みの力押しだったけど
連携がイマイチだったせいでタンク拠点落とせずだった。
GP-02BBBがポイントは稼いでたけど、タンク周りにほとんど
寄与してなかったのが敗因だったかもしれんね。

とりあえず連ジともに北極基地では好成績だったけど
要所要所でCを取ってるので少将昇格は無い模様。
ってか、バージョンアップ前の条件(S3回A3回)なら
確実に昇格してるな、これ。
でも無双できるほどではないのでAクラスが多分私の適正階級。
さて、Sクラスのメインカードはどうしたものかな・・・
posted by HAGER管理人 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財

2009年04月25日

モビルタンク再び

今日、待望のIGLOO2の三巻を購入。
結果は・・・うん、やっぱりドムは格好良いよね(ヲイ)
何というか、結局タンクが軽いのはシリーズ通して変わらなかった(泣)
まぁ、あんまり鈍重すぎても爽快感に欠けるからなんだろうけど
履帯であんなにクリンクリン回れねぇって(笑)

主人公機のガンタンクはギミック多数でそれは面白かったんだけど
ちとストーリー面が弱め。
リアルな3DモデルのMSのドンパチが見たい向きには良かったけど
物語としてはもうちょっと捻りが欲しかったところ。
30分という時間にまとめるのは難しかったのかもしれんけどさ。

ラスボス?も役不足な感が否めないし、個人的には2巻の方が
面白いと感じたかなぁ?
強い機体がバッタバッタ敵をなぎ倒していく展開よりは
明らかに不利な状況で頑張るほうが燃えるので
そういう意味では1巻や2巻の方が好みではあった。

とまぁ、否定的な意見を書いてるけど、映像はすばらしいし
作品の方向的には確実に好きなので今後の展開も期待したいけど
多分そこまで売れてないだろうからムリだろうなぁ(泣)

あと絆のダブデはもうちょっとこっちを見習え、と(笑)
posted by HAGER管理人 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財

2009年01月23日

Panzer Vor!

分かる人はこれだけで分かる(笑)
仕事帰りに待望のMS IGLOO2の第二話を購入。
タイトルは「陸の王者、前へ!」

と言う訳で、今回は陸の王者こと61式戦車が主役。
相変わらずメインターゲットを絞り込みすぎてる作りで
正直売れ行きが心配で仕方ない(笑)
ただ今回の場合、メカニック(=戦車)を見せると言う意味では
かなり力が入っていたんだけど、その分人物の掘り下げが
足りなかった感はある。
まぁ、そのおかげでファイナルファンタジー分が相当薄かったので
その点は良かったが(笑)

あんまり書きすぎるとネタバレになるので詳しくは書かないけど
「期待してたほどではなかった」ってのが結論。
もちろん面白くなかったわけじゃないんだけど、何と言うか
ストーリーが想像してた範疇に収まってた感じ。
一番驚いたのはノイエンビッター「大佐」の名前が出たぐらいかなぁ?
名前しか出てこないけど(笑)
あの人ヨーロッパ方面に居たんだねぇ。

もっとも、リアルな戦場ではビックリドッキリな展開は
あんまりない(MS自体ビックリドッキリ兵器なんだが)んだけど
やはりエンターテイメント作品としてはちと物足りない。
一発逆転な場面ももちろん用意されてるんだけど、
これに関しては敵が迂闊だったように見えてしまうんだよねぇ。
これを視聴者になるほどと唸らせるには、
視聴者側が部隊編成とそれを基幹として行動する軍組織の基礎を
分かっていないと厳しいんじゃないかと。
その辺良くも悪くも購入層を絞り込みすぎてる作品なんだなぁ、と思う。

次巻は正真正銘ビックリドッキリメカ・・・と言うか、
タンクもどきもどき?が登場の模様。
オデッサ戦なので、結構大規模な戦闘が繰り広げられるのかね?
まぁ、ここまで来たら次巻も買うよ(笑)
posted by HAGER管理人 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財

2009年01月11日

トゥルーデって誰?

今日は久々に誰も来なかった。
なので、久々に自分のペースで模型製作やらモンハンやら
溜まってたアニメの視聴やらを進めることができた。
休みの日ってこんなに自分の時間を使えるものなんだねぇ(しみじみ)

長いことかかってた預かり品もようやく基本塗装が完了。
あとは細部塗装とマーキングして仕上げのグロスコントロールをすれば
ひとまず完成といったところ。
明日も今日みたいな感じなら、マーキングまでは終われるかな?

で、ちと塗装の合間に散歩に出て、昨日とらのあなで見かけた
ストライクウィッチーズのファンブックを購入。
楽しく読ませてもらったけど、一番の収穫はトゥルーデの意味。
私の一番のお気に入りキャラであるゲルトルート・バルクホルンが
作品内でそう呼ばれてたんだけど、何でそう呼ばれるのかが
さっぱり分からなかったんだよねぇ。

で、この本見て名前の綴りが「GERTRUD BARKHORN」だと分かって
ようやく意味が通じた。
しかし他のキャラは元ネタの名前を上手く変えて女の子っぽい名前にしてるのに
なんでゲルトルートなんだろう?(元ネタはゲルハルト)
「ゲ」という女の子っぽくない文字がやはりどうしようもないのか・・・

まぁ、この本を見てるとアニメが人気出たのが納得するよ。
作ってる人間がみんな楽しんでるんだよねぇ。
今まで見たファンブックの中で、一番声優がノリノリで
コメントしてる(笑)

あとやはり「キャッチーさ」というのは重要だよなぁ。
個人的にはこの作品は「やりすぎ」の域に達してたけど
中盤を過ぎると慣れてしまってたし、視聴者が望んでる絵を
ストレートに描いてるからこそ、視聴者側も変に斜に構えずに
観ることができたんだと思う。

こういう姿勢は原型製作でも大事・・・なんだけど、
ここまで思い切ることは私には無理だ(泣)
posted by HAGER管理人 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財

2008年12月28日

あうあうあ〜

昨日の日記どおり一晩様子を見た冷蔵庫だったけど
入れっぱなしにしておいたアイスはほんのり冷えてる程度で
結局状況は改善されなかった。
モーターの動作音はしてるんだけど、冷えないところを見ると
サーモが壊れたというところかね?
と言う訳で、冷蔵庫の新調が決定(泣)

で、とりあえず近所の五階百貨店と上新電機を除いて見ると
五階百貨店の中古品と上新電機の歳末セール品で2000円程度しか
変わらなかったので、新品を購入することに。
まぁ、古い冷蔵庫のリサイクル料を取られたので、
結局20000円超えてしまったが・・・

明日は仕事&HAGERの忘年会があるので、明後日の午前中に
配送してもらうことに決定。
明日は無精者が宿泊する予定もあるので、明後日の朝はちょっと
バタバタするかもしれんねぇ。

部屋の片付けは概ね終わったので、あとは掃除と年賀状。
掃除はまぁボチボチと言ったところだけど、年賀状のネタがねぇ。
また年賀状出しは大晦日の晩になりそうだなぁ・・・
posted by HAGER管理人 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財

2008年12月25日

さすが年末・・・

今日は待望の給料日!
と言う訳で、会社帰りに医者に行き、その帰りに本を購入。
・・・何か先週確認した時よりやたらと購入すべき本が増えてるんだが(泣)
とりあえず今日だけで諭吉さんが一人居なくなったよ・・・

まぁ、そのうちの1/3は模型雑誌関連で、もう1/3が
みつみ美里画集、残り1/3がコミックスという内訳なんだが(笑)
しかしみつみ美里氏の画集はため息しか出んねぇ。
元絵はもちろんながら、塗りのクオリティが恐ろしい。

それにしても前に買った甘露樹氏の画集と絵を見比べても
ほとんど同じに見えるのがある意味スゴイ。
初期の頃はほとんど見分けがつかなかったからなぁ。
今でもついてないけど(笑)

コミックスではコミックガムの「こえでおしごと」がかなりヒット。
ってか、これって直接描写がないだけでほとんどエロマンガじゃ?
描いてる人もエロマンガ家だしね。
でもこういう方向性はかなり好き。想像力って大事だよね(笑)

とりあえず今日で概ね仕事は完了。
明日は報告やら来年に向けての打ち合わせやらの予定だけなので
何とか山は越えたというところかね?
もうこれ以上トラブルとか起こりませんように・・・
posted by HAGER管理人 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財

2008年11月27日

カネもないのに(その2)

予約した時はもうちょい余(以下略)
と言う訳で、気が付いたらみんな11月発売になってたシリーズ
第3弾。
大本命の機動6課課長さんです(笑)

まずはシリーズ恒例の箱から・・・
この箱だけでフィギュア展示棚が一つ埋まるんだが(泣)
黒い方が昨日まで我が家で最大を誇っていたアルターフェイトの箱。
それを幅・高さ・奥行きのすべてにおいて上回っているという凶悪っぷり。

で、箱から出してみる。
ベースだけなら普通のフィギュアの4倍程度なんだけど、スカート?やデバイスがはみ出しまくってるんだよなぁ・・・
ん〜、本体だけ見たらそうでもないかな・・・
と思って、後ろから見たら
って言うか、コレだけ見てると冗談みたいにゴツいスカートにしか見えん・・・
デカすぎだ!!(笑)
占有面積自体はフェイトとさほど変わらないけど、並のフィギュアの
7〜8倍ぐらいは余裕で占拠できる。
ってか、マジでどこに置こうか・・・

で、このフィギュアでの驚きはミニサイズのリインフォースU.
わずか5cm程度のフィギュアなのにパーツ数は(多分)12個で
キッチリ塗り分けられてる上にグラデーション塗装までされてるという
気合の入りよう。
しかも蒼天の書にもはやての夜天の書同様のプリントがしてあるあたり
かなりの芸コマ。
多分これだけで並のフィギュア程度の手間がかかってる気がする。

で、同期のインデックスと並べてみる。
インデックスも歩く教会の翻りのせいで結構ボリュームある印象なんだがなぁ・・・
はやてが1/7で、インデックスが1/8な上にちんちくりんだから
ボリュームの差は仕方ないにしても、価格(はやてが¥9800、
インデックスが¥5800)を考えると、はやて頑張ってるなぁ、と。

私の周囲の人間はあんまりはやてが好きじゃないみたいなので
一般的な人気はどんなものなのか分からんけど、この出来だと
明日の一般販売は多分瞬殺になるんだろうなぁ。
もう最近は欲しいと思ったら予約すべきだね、こりゃ。

最後に唯一の不満をば。
何でA's仕様じゃなかったんだよぉぉぉぉ(泣)
posted by HAGER管理人 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財

2008年11月26日

カネもないのに(その1)

予約した時はもうちょい余裕があると思ってたんだけどさ・・・
と言う訳で、巷で人気(?)の腹ペコ空気ヒロインを受領。
何か予約打ち切りで、店頭販売分はゼロだった。
みんなそんなにちっちゃいのが好きか!

装甲パージ状態は他のサイトで見てくれ。かなり面倒なのでもうやりたくない(泣)

詳細写真は他の紹介サイトの方が綺麗&詳しいのでそちらにお任せ。
雰囲気はアニメ版、小説版、コミック版のどれとも違う
(強いて言えば小説版が一番近い)けど、これはこれで好み。
自分で塗ると面倒くさそうな修道服の裾の模様も
きちんとプリントされてるし、シャドーも控えめで良い感じ。
安全ピンが抜けて無いのはサイズ的に仕方がないところだけど
まぁ、この程度なら自作しろって話だしね。

驚きなのがオマケ?のスフィンクス。
設地面積が小さいのにやたらとしっかりと立つ(笑)
はじめ固定ピンが無いので大丈夫かと思ったら、全然平気だった。
塗装はまぁサイズなりだけど、顔はしっかり描かれてるし
インデックスの横にちょこんと置いとく分には十分。

残念なのはベースがプラ丸出しなことかね。
レールガンなんかは割と凝った感じのベースだったように思うから
やはりキャストオフ仕様でコストが嵩んだのか?
個人的にキャストオフは別に要らなかったんだが・・・
まぁ、他にビジュアル的なウリは乏しいからなぁ(泣)

とまぁ、価格(定価5800円)を考えると素晴らしい内容のキット。
今は品薄状態だけど、ちっちゃいの好きな人にはオススメですよ、
ということで。
posted by HAGER管理人 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財

2008年11月22日

ねんがんのゾイドをてにいれたぞ

な、なにをするきさまらー!
・・・と言う展開は多分無い(笑)

と言う訳で、相崎が仕事中に(笑)私がずっと探してた
ゼネバスメモリアルボックス1984を見つけてくれたので、即購入依頼。
で、早速持ってきてくれた。
箱がボロボロだけど、どうせ転売とかするつもりもないから全然OK

1984年ということは私はまだ小学5〜6年生で、ゾイドを知ったのが
シリーズが出始めてちょっと経ってからだったので
この辺の初期ゾイドは全然買ってなかったんだよねぇ。
帝国軍の初期小型ゾイドは共通コクピットのデザインが秀逸で
それを上手くデザインに取り入れて、モチーフの形状再現と
量産型っぽさを両立してるところが素晴らしい。
特にゲルダーとザットンなんて半分ぐらいパーツ共用してるのに
全然違う印象に仕上がってるのはスゴイよ。

願わくばヘリックメモリアルボックス2みたいに
マルダーやシンカーといったゾイドもまとめて復活してほしいけど
この辺はゾイドグラフィックスで出てるから難しいだろうなぁ。
まぁ、ゾイドグラフィックスも12月に再販がかかるみたいだから
余裕があれば買っておきたいところ。
しかしみごとにおっさんホイホイに引っかかってる気がする・・・
posted by HAGER管理人 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財

2008年11月15日

ん〜、何か記憶と違う・・・

当初の予定より遅れること4ヶ月。
よりによってこの金の無い時にHJ誌上通販の
クイーンズゲイト虹原いんくが到着。

箱が無愛想なせいか、何かHJで見た時の印象と違うような・・・
こんなに暗い雰囲気だったかなぁ?というのが第一印象。
で、とりあえず箱を開けてみる。
あ、でも写真で見ると青く見える。しかし見事なまでに「無い」なぁ(笑)後姿は打って変わって重厚な印象。持ってるのが剣とかだったら格好良いかも。

もっと鎧が青っぽかった気がするんだけどなぁ。
HJ引っ張り出すのが面倒くさいから確認はしないけど(笑)
あとやはりアイプリントが頑張ってはいるものの、
POP氏の雰囲気を再現し切れて無いのがちと残念。

ただ、造形的には全然問題なし。
HJで見たときにはもっと複雑な構造の衣装かと思ってたけど
実物を見てみると案外単純だった(笑)
あ、例によってアーマーは外せるけど、胸当てと肩当て(に繋がってる
マントも)と腰のスカート?だけで、篭手や脛当ては固定。
胸当ての固定方法がかなり貧弱で、ちょっとした衝撃で外れるのが
困り者・・・って、もしかしてわざとか?この構造(笑)
個人的にはもうちょっとボリュームが欲しいところではある(爆)

アーマーは全体的にPVCの弾力を利用して固定してるので
夏とか高温になるとちと怖い気がするなぁ。
一応手に持ってる武器?で押さえるようになってるけど
ヘタに触るのがちと怖い・・・

試しにヤフオクを見てみると、早速出品されてるのがゴロゴロと。
1万円でも入札があるのが何だかなぁといった感じ。
まぁ、申し込みを締め切ってから存在を知ってしまった人には
どうしようもないから、多少割高でも欲しいと言う気持ちは
分かるんだけどねぇ・・・
やはりこういう転売は納得いかないなぁ、個人的に。
posted by HAGER管理人 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財

2008年11月06日

鷲は舞い降りた

と言う訳で、遅ればせながら重力戦線を形成してみた。
・・・え〜と、これどこの戦争映画?
少なくともザクが出てこないとガンダム作品と分からんぞ(笑)
演出がまんま戦争映画で逆に笑った。

CGで完全に地上戦を描ききるのはやはり厳しいようで
一部プラモデルがディオラマ内で動いてるように見えるシーンは
あったものの、全般的に高レベル。
ザクの動きが若干軽い感じはするけど、連邦兵視点からの
ザクの巨大感の演出はかなりのもの。
あのサイズで120mmなんて口径のマシンガンブッ放されたら
そりゃ歩兵じゃどうしようもないわ。

対MSの歩兵戦術ということで、ちと期待してたものと違ってたけど
まぁ、こうするしかないよなぁと言ったところ。
ただ、どう見てもこれって懲罰部隊なんだが・・・

ちょっと気になったのは、そのザクマシンガンの集弾性。
絆でもザクマシの集弾性は悪いんだけど、目測で初弾と次弾の
着弾誤差が前後に20mぐらいあったんだが・・・
意図的に散らしてるんじゃなきゃ使い物にならんと思うぞ。
まぁ、設定でも装弾数と命中精度、連射性能の向上を図って
MMP-80が開発されたわけだから、実際MMP-78の性能は
悪かったのかもしれんけどね。

次巻の主役は61式戦車。
1巻冒頭でもボコボコにされてたけど、どう戦うのかが楽しみ。
でも「お前がやれ」って言われるのは毛頭御免なシリーズだよなぁ
相変わらず(笑)
posted by HAGER管理人 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財

2008年11月04日

衝動買い

いやぁ、こんなのを見せられたら買わざるを得ないだろうと(笑)
作品的にはあまり好きじゃないというか、むしろ嫌いとも言える方向性なんだが(笑)
昨日の日記に書くのをすっかり忘れてたんだけど、
ゲーセンに絆しに行ったら、クレーンゲームにコレがあった。

見た瞬間に「コレはヤバい」と思ったぐらいの完成度だったので
絆後にその手のショップに行って即買い。
さすがにゲーセンで取れるほどの腕前じゃないのは分かってるしね。
バラ売りで一個¥2,800とそれなりに値は張ったけど
その価値は十分にある商品だと思う。
ってか、供給量にもよるけど後で値は上がるんじゃ?

元絵と比べて似てるかと言われると、似てはいないけど
造形としては非常に優秀。
とりあえず同じ絵を見てコレを超えるものを造れと言われたら
絶対ムリと断言できるレベル。
元絵ではちょっと困った表情なのが、明らかにイヤそうな表情に
パワーアップしてるあたりも私好み(笑)
フリルとかもコレ見ながらなら造れないこともないだろうけど
イラストから造り起こすのは難しいだろうしねぇ・・・

こんなのがゲーセンのプライズで出るあたり、そっちの業界も
かなり極まってきたなぁ、と思う。
あと、売れないアマチュアディーラーとしては、
ますます肩身が狭い(泣)
もう本当にズバ抜けた造形力を養うか、ニッチを狙うしか
生き残ることができないと思う。

とりあえずこの冬はワンフェスも無いことだし、
造形力の向上を図りたいところではあるね。
問題は本業がどれだけ忙しいかなんだけどさ(泣)
posted by HAGER管理人 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財

2008年10月11日

君の姿は僕に似ている?

デザインどころか出演作品もまるで違うのに、何か雰囲気が(笑)
後ろのつかさも何気にニューフェイス。本当は一週間前からあったんだけどね。

と言う訳で、やまとのデストロイドトマホークを衝動買い(笑)
いやぁ、ムダに出来が良いよ、コレ。
ミサイルポッドの開閉はデフォとして、頭部のマシンガンまで
きっちり可動する。
コクピットも再現されてるし、パイロットも塗装済み。
・・・って、分かりやすいギミックはそれぐらいなんだけどね。

感心したのは股関節で、単純なボールジョイント関節ではなく
太腿内部に横ロール用の関節が用意されてて、デストロイド特有の
極端なハの字立ちをしても関節軸が目立たないようになっている。
ただ、その分横方向への開脚は弱いから、
あまり派手なアクションはできなかったりするんだけどね(泣)

あと何故か分からんけど、肩〜背中にかけてがごっそりと外れる。
デストロイド3種は下半身が共用パーツというのは有名だけど
この外し方だと頭部が残るんだよねぇ。
上半身挿げ換えの方がラクだと思うんだがなぁ・・・

と言う訳で、至って地味なトイだけどこのストイックさが一番の魅力。
日本のロボットアニメでは間違いなく雑魚メカ扱いなデザインだけど
実際に二足歩行兵器を作ったらこんな感じになるんじゃ?
ヤバイ、このシリーズで他のが出たら買ってしまいそうだ。
スパルタンはあんまり要らんが(笑)
posted by HAGER管理人 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財

2008年09月19日

釣りか・・・

まさかこの漫画で釣られる日がこようとは・・・

と言う訳で、待望のパンプキンシザーズ10巻が発売。
いやぁ、表紙の印象が今までと全然違ってたので
危うくスルーするところだった(笑)

内容も今までに比べるとコメディ(ってかラブコメ)度が上がってて
いつもの息苦しい圧迫感のないエピソード(まぁ、自体そのものは
相変わらずキナ臭い方に転がってるが)だった。
まぁ、私には大きなトラップがあったわけだが(笑)
一回目見たときに数コマ引っかかる描写があったので、
二回目読み直してようやく理解できた。これはヒドい(泣)

まぁ、結論としてはC・J↓は可愛いなぁ、と(遠い目)
こんな可愛い子が(略)
posted by HAGER管理人 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財

2008年08月09日

俺の嫁が・・・

ソニックダイバー隊の本命、風神with園宮可憐が発売!
と言うわけで、早速購入。

さすがに私でももうちょっとマシな造形が出来ると思うんだが・・・
・・・orz

いや、分かってたんだけどね(泣)
前回の零神の音羽があんな出来で、顔以外は共通パーツってのは
知ってたから大きな期待はしてなかったけど、予想よりヒドい。
胴体に関してはワンフェス準備の時に、音羽のボディを
複製しておいたから、それである程度改修は可能だけど
顔がどうしようもないなぁ。

一応、目を描き直してみるけど、ダメだったらメカ娘か
ボックスフィギュアから移植するしかないか・・・
このフィギュアの印象を最悪にしている肩も何とかしたいけど
可動を組み込むスペースもないのでスルーの予定。
まぁ、単体で飾ることは多分無いから目立たないだろうけどね(泣)

とりあえず明日は仕事なんで、今日はとっとと就寝〜
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財