2009年11月14日

産廃完成

昨日強行塗装した甲斐あって、MS-05Sことゲラザクが完成。
何か内部機構が壊れてるのかモノアイのスイングができない(泣)何で確認しなかったんだ、自分・・・一応アサルトライフルにもMMP-80譲りのマウントギミックは残してるけど、手の保持力の問題で手を固定にしてしまったので全然意味がないという・・・これは本来付属の可動指で持たせてるけど、どう考えても保持力不足だよなぁ、コレ

・・・地味だ(笑)
設定どおり明灰色とフィールドグレー2の塗り分けがベースだけど
明灰色が明るすぎて何かゲーム中のイメージと違ったので
上にフィールドグレー2を薄く塗り重ねたら、概ねイメージ通りになった。
確かにこの色の彩度をもうちょい上げたら絆版の色にはなるなぁ。
まぁ、ゲーム中の視認性とかを考慮したカラーリングだったんだろうなぁ。

スパイクシールドだけ色が違うのは、ゲラートが倉庫から自分の機体を
引っ張り出してきたものの、シールドだけは他から流用したので
06系の色になってるという設定。
ってか、フェンリル隊のマークを付けたかったからなんだけどね。
ゲラザクは隊の設立前の機体だから、本体には付けれんし。
もっとも、本当はジオニックフロントでのゲラザクのシールドは
ミドル(つまりグフの盾)なんだけどさ。
まぁ、絆ではタックルがコレだから、まぁいいかな、と(笑)

他は一昨日の日記で書いた改造をした以外はストレート組みだけど
色塗ってから、肘アーマー部が05Sと05Bで違うことに気づいた(泣)
ここまで組みあがったらもういいや・・・
あと、関節を強化したはずなのに、ひざ関節が若干ゆるい。
これはもう、ザクver.1.0系列自体の欠点だよなぁ。

とまぁ、こんな感じで明日ショーケース行き。
思いついてから2週間・・・やはり時間かかるねぇ。
そういや販売価格はどうしよう。
貰い物だから原価はタダな上にキットがすでに10年近く前の代物だけど、
一応改造したりコトブキヤのカスタムハンドも使ってるから
6000円ってところかなぁ?
前に売ったノーマル旧ザクなんざ改造しまくってたとは言え、
8000円だったしねぇ。
相変わらずマイノリティ全開な作品だけど、今回はどうだろう・・・
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作

2009年11月13日

塗装強行

外は予報どおりの雨・・・なんだけど、湿度が思ったより高くないので
ゲラザクの塗装を強行。
まぁ、さすがに仕上げのツヤ消しスプレーとかはムリなので
基本塗装+α程度で。
あとはデカール貼ってドライブラシや汚しで仕上げるところまでは進捗。

ただ、出品予定だった日曜に仕事が入りそうなのが困ったところ。
ショーケースが相崎名義だから私は開けれんのだけど
平日の帰宅時間がすでにショーケースのメンテナンス可能時間を
過ぎてるので土日しか開けれんのよねぇ。
で、明日完成はちょっと厳しそうだし・・・
まぁ、清算まではまだまだだから、一週間伸びてもあんまり変わらんのだけどねぇ。

で、明日は友人たちと大阪市立科学館に工学実験衛星「はやぶさ」の
ムービーを観に行く予定。
雨だけどどうせ移動は地下鉄だしね。
何かこのテの施設って学生時分には全然興味なかったけど
社会人になってからの方が楽しい。
やはり強制される勉強より自分で進んで勉強する方が面白いし
身に付くものだね。

まぁ、学生当時は友人と遊ぶ方が優先するものだし、
その付き合いが今でも続いてるわけだから、
人生は難しいものだねぇ・・・
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作

2009年11月12日

途中写真

製作中のゲラザクがようやく仮組みできるところまで出来たので
珍しく製作途中の写真をパチリ。
しかしこの青はもうちょっと落ち着いた色にできなかったのかなぁ?まぁグフがこの色だから仕方ないんだろうけど・・・各部の○モールドは2mmドリルで穴開けて再現したけど、いくつか貫通してしまったのは内緒だ(笑)
正面から見るとほとんど手を入れてないように見える(実際、胸部の
アーマーの形状をラルザクからノーマルに整形した程度)だけど
後ろを見ると、これが結構手を入れてたり。

本来はアサルトライフルだけ作って、色の塗り替えすれば良い程度の
お手軽モデリングのつもりだったんだけど、
日曜の日記にもちらっと書いた通り、ジオニックフロントの攻略本を見た限り
MS-05BとMS-05Sの脛後部や腰背面のアーマーの形状が全然違う。
その上、MGラルザクのキットに入ってる肩アーマーが
左右でディティールが違うという困りモノだったりしたので
この辺まとめてエポパテで形状修正。
概ね設定どおりの形状に近づけたと思う。

あと、写真を編集しててバックパックの形状が若干違うことと
スパイクシールドの製作を忘れてたことに気づいたので
まだ作業はあと少し(泣)
まぁ、言われなきゃ分からない箇所ではあるんだけどさ・・・
そう難しい工作でもないので、今日中にパパッと片付けて
明日には塗装に入りたいところ・・・って、また雨か(泣)
何かここのところ天気に恵まれてないなぁ・・・
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作

2009年11月10日

進捗度2%?

今日は仕事で帰宅が遅く、大した作業はできず。
昨日サフ吹きして溶きパテ塗ったところをヤスって
再度サフ吹き+溶きパテを塗ったぐらい。

まぁ、思ったより表面の傷や盛った部分の形状が良くて
もう一度エポパテ盛る羽目に陥ってない分、順調ではあるんだけど
それを見越してパテ盛り途中の原型が進まないんだよねぇ(泣)
こっちは折を見てボチボチ進めるつもりではあるんだけどさ。
何か今週はずっと雨らしいから、塗装もできなさそうだしね。

遅い帰宅だと寄り道もしてないから、今日はこんなところ。
明日は絆の予定だから、多分作業は進まない(笑)
でも最終サフ吹きまでは行きたいところだねぇ。
あとは天気見ながら原型製作か・・・
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作

2009年11月08日

産廃武装

今日は客も来なかったので、一日引き篭もって模型製作。
次回作の目玉となる武器を作成してた。
絆では産廃機体の産廃武装として名高いゲラザクの90mmアサルトライフル。
流用パーツの割合を見たら、わざわざ機関部を流用しなくてもフルスクラッチで良かった気がする・・・
一応、設定どおりMMP-80マシンガンのバレルとストックを差し替える方向で
形の似ているH&K G3A3アサルトライフルを参考に作成。
まぁ、似てると言っても、ジオニックフロントの攻略本に載ってる
横からの形状しか資料が無かったんだが(泣)
絆では武器どころか機体自体全然見ないしねぇ・・・

で、バランス確認のため、MGザクUver.1に持たせてみる。
持ち手がおかしいのはまだ製作途中のため。さすがに付属の可動指じゃ保持できん(泣)
デカい感じがするけど、ジオニックフロントで持ってる画像を見ると
大体これぐらいの大きさになってる。
これだと確かに撃つ時足が止まるのは仕方ないとは思うけど
あの威力はちといただけないなぁ(笑)

本体のゲラザクは現在鋭意製作中。
ベースはMGランバ・ラル用旧ザクだけど、これが結構ジオニックフロントの
ゲラザクとはデザインが違ったりするんだよねぇ。
絆のを確認したいところだったけど、トレモだと自機は全然見えないし
実戦でリプレイ映るために乗るのもアレだからなぁ(笑)
と言うわけで、ジオニックフロント準拠で細部は改造中。

パテ盛りは今日原型製作のついでにやったので、上手く行ってれば
明日には形状出しができて塗装に取り掛かれるところ。
どうせ今週中は原型の方は様子見ながらパテ盛り作業だろうから
その間にこっちは完成させたいところだねぇ。
カラーリング的には隠蔽力の高い色だから苦労はしなさそうだけど
汚しがまた大変そうだし。
そういやこれに闇夜のフェンリル隊のマークは付けるべきなのかなぁ?
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作

2009年11月06日

風邪ニモ負ケズ

何とか依頼物を完成。
三体目のHGUCゲルググにして、二体目のカスペンゲルググ。
まぁ、一体目はMGだったんだけどね。

HGUCだったので細部のCAUTIONデカールは省略・・・ってか、このサイズにちょうど合うのが無かったのよ(泣)

MGの時は高機動バックパックがキットに入ってるので問題なかったけど
HGUCの場合は再販後にまた貴重品となりつつある旧MSVのJRゲルググの
バックパックを流用する必要があるので、以前HGUC高ゲル用に作った
バックパックの型を再び使用。
かなり無茶な型だったから、さすがに今回ので壊れた。
まぁ、次があったらもうちょっと抜きやすい型にするけどね。

このレジンパーツを削って中機動バックパックを再現し、
バーニアや本体との接続部をゲルググキャノンパーツから拝借。
前作の高ゲルよりは精度が高くなってる。

それ以外は自作デカール貼ったぐらいで、あとは塗装のみ。
その塗装が風邪のせいでやたら時間かかったけどな(泣)
思えば先週日曜につや消し吹こうとしたら雨が降ってきて
やむなく翌日に回したあたりから遅れがひどくなったんだよなぁ。
いやもう、模型製作はお天道様には勝てんね。

次回作をボチボチ進めつつも、原型製作もそろそろ開始。
次回作の方が結構パテを使いそうなので、原型の芯盛りと
並行しようという魂胆だけど、よく考えたら原型のポーズ決めないと
芯盛りもできねぇじゃん!
前と同じだと芸が無いし、さてどうしたものか・・・
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作

2009年10月25日

黙々と・・・

今日は相崎とショーケースの出品に行った以外は黙々と
預かりモノの製作。
その甲斐あってか、預かりモノの一つは完了。
もう一つも基本塗装はほぼ完了と言う進捗。
まぁ、そっちの方は自作デカールの作成があるので
まだもうちょっとかかるんだけどさ。

今週で預かりモノを片付けたら11月からはいよいよ原型製作再開。
今回は預かりモノや販売品の小改造でパテとかちょこちょこ使ったから
あんまりブランクは感じない。
とりあえず再販分の不満点改修を進めつつ、オリジナルの製作で
11月を費やす感じかね?
そういやだんご大家族の原型を探さないと・・・

さ、それ以前に仕事の方が今週はバタバタだから、それがどの程度で
目処がつくかだねぇ。
準備はひとまず終わったけど、あとは力技だからなぁ。
まずは明日でどこまでやれるのか・・・
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作

2009年10月22日

疲労困憊・・・

今日は得意先でPCセットアップと比較的ラクな作業で
早めに帰宅できるなぁ・・・と思ってたら、サーバークラッシュ(泣)
早めどころか、明日朝一番で得意先入りだよ・・

と言うわけで、今日は預かりモノの継ぎ目消し程度しか出来なかった。
できれば改造箇所の形出しぐらいは終わらせたかったんだが・・・
まぁ、それも6割程度は終わってるので、もう一削りと表面処理のみ。
明日順調に終われば下地塗装ぐらいまではいけそうだが・・・

クライアントPCならリカバリも割と気軽に出来るけど
サーバーはさすがに影響デカいからなぁ。
下手したらドメイン再構築で、得意先の全PCの再登録と言う
考えたくも無い事態に・・・
まぁ、明日は頑張ろう、うん。
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作

2009年10月21日

絆づくしな日

定時出撃だったり、新アップデート情報が出たりで絆関係の日記に
なるところが、模型カテゴリになってたり。
まぁ、絆に出てくる機体だから良いよね(笑)

今日は連邦3クレで6戦4勝2敗、ジオン2クレで4戦4勝。
で、計10戦すべてにタンク搭乗してた(笑)
やはりここの連邦はムリに拠点叩きに行くとダメだね。
2護衛+タンクで3アンチを引き付けて、味方3アンチ側で
MSを取ってもらってゲージリードを稼ぐパターンが多かった。
野良の相手にダブタンされたときはさすがに負けたけどね。
ってか、最近は野良の方が手ごわい気がする・・・

タンクばっかり乗ってたら、連邦までメインがSになってしまった。
これからSはループ復活するってのに怖い話だよ・・・
で、そのバージョナップについてはBD1号機とイフリート以外は
格闘機の修正ばっかりだったので、私はあんまり興味なし。
拡張されるJUぐらいかなぁ?
でもそのJUは発表されてるスケジュールに無いという・・・
やる気あるのかないのか分からんねぇ、バンナムは。

で、何やかんやで結局一週間半かかってしまったザクスナが完成。
このアングルから見ると、ちょっと変わったザクにしか見えん(笑)設定画のポーズ・・・と言いたいところだけどちと違う。設定画のはちゃんとグリップ持ってないんだよねぇ。赤ロック状態(笑)膝のジャッキを使ってもやっぱり体勢にムリがありまくり。やはり腰から背骨にかけての可動範囲が全然足りないんだよねぇ。
まぁ、ご覧の通り。
戦車模型の手法で汚しては見たものの、これを「汚い」と感じられると
もうアウトだねぇ。

ショーケースの他の方の作品にこういうテイストのが無いから
売れるものなのかどうかはさっぱり分からんけど
「こういう作り方もあるよ」という一例になれば良いかな?と。
以前にダメージ表現入れてるのは何度か売ったことがあるので
全くダメじゃないとは思わないけど。

さ、これでようやく次の預かり物に取り掛かれる。
この週末はまた塗装漬けになりそうな気が・・・
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作

2009年10月20日

やっと終わりが見えた・・・

先週からずっとかかりっきりになってたザクスナだけど
ようやく錆塗装が完了。
残るは銀ドライブラシと最終調整のつや消しブラック吹き。
あ、あとカメラ部の塗装もあるか。

工数的には大したこと無いけど、印象が大きく変わる工程だけに
最後まで気が抜けない。
特にドライブラシはやりすぎると今までの積み重ねが
一気にブチ壊しになるだけに多少控えめの方が良いかもしれない。

全体のトーンも剥げ塗装で暗くなったのが錆塗装で元に戻ったので
概ね狙い通り。
遠目に見たら普通のザクスナに見えて、近くで見たらボロボロという方が
商品としてのインパクトは高いし。
しかしいい加減手間もかかってきたので、価格はジェガンとかと同じ
3000円でもいいかなぁ?と。

古めのキットだし、付属品も握り手やら105mmマシンガンが欠品してて
今回はベースも付いてないので2500円で売るつもりだったけど
この汚し塗装分で+500円ってことで。
問題は見る人がこの汚し塗装に価値を見出してくれるかどうかだが・・・
どちらかと言うと戦車の領域だからなぁ、コレ。
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 模型製作

2009年10月18日

終わらねぇ・・・

今日も一日ダラダラとザクスナ製作。
でも相崎の申請品の写真撮影やら旅行帰りのPHOTON TYPEの来襲やらで
ダラダラしすぎてたら、結局ザクスナが終わらなかった(泣)

塗装が剥がれた箇所の塗装(←日本語おかしい)は概ね終わったけど
錆表現がまだ全然手付かず。
とりあえず近所のボークスで錆表現用のピグメントは買ってきたので
これと手持ちのパステルで明日の帰宅後に汚し着手。
あ、でもその前に油漏れとか錆が流れた表現もしないといけない。
やはり汚し前でフィニッシュにしとけばよかったか・・・

本申請した次回ワンフェスの出品物に関しては写真が揃ったけど
相崎の分がやはり不安。
ってか、本当に骨格のみという感じだったからなぁ。
PHOTON TYPEと一緒に来た原型士Y(いい加減PNを用意しないと)の
原型もほぼ同じレベルだったのはどうしたものか・・・
一応二人とも「フィギュアの達人 上級編」は購入済みのはずだけど
それを見て頑張って欲しいものだ。

私もザクスナ終わって預かりモノを片付けたら、
いよいよ原型製作モード。
オリジナルだから気は楽だけど、できれば年内には形にしたいねぇ。
まぁ、いつも言っててギリギリになるんだけどさ(泣)
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作

2009年10月15日

基本塗装完了

予定通り、ザクスナの基本塗装が完了。

何か絆のと比べて貧弱なんだよねぇ。まぁ絆のザク系は結構マッシヴだからなぁ

機体色を塗った後、ダークイエローやダークグリーンで軽い汚れを
表現し、それをフラットブラックで整えると言ういつもの手法。
あまり使い込んでない陸戦用MSなら、あとはドライブラシして
つや消し吹けば完了なんだけど、今回のは一年戦争から15年間
マトモな設備で整備していないMSだけに、もうちょっと手間かけて
ボロく見せる予定。

さすがに15年使ってたら、表面の塗装は剥げてくるだろうし
そこからサビも浮いてくるだろうから、その辺を再現予定。
雨でサビが流されてる表現とかも面白いだろうしね。
この辺は戦車模型の技術が流用可能なので割と得意分野。
宇宙用MSではこうはいかないからなぁ。

ただ、チッピングとかは結構時間がかかる上に、一部だけやって
他の部分にはやらないと言うわけにはいかないので、
週末の出品に間に合うかが微妙なところ。
まぁ、1/144だから要所だけで良いとは思うんだけど・・・
やりすぎには注意しよう、うん。
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 模型製作

2009年10月13日

早いよ

仕事してたら相崎からメールが入って、ジェガンとギラ・ドーガが
もう売れてたらしい。
並べて一日で買ってくれるとは、とてもありがたいことなんだが
早くもブース内に空きができてしまうことに・・・
せっかく良い位置(隣がクオリティ高すぎで怖いが)なので
今のうちに売り上げを稼いでおきたい。
と言うわけで、帰宅後模型を物色。

完成したばかりのガンタンクは好きな機体だけにじっくり手を入れたいし、
そもそもMGは仕上げに時間がかかるので、HGUCで行きたいところ。
まぁ、組んでないのとか素組みしただけってのは結構あるんだけど
そういうのは継ぎ目の接着もロクにやってないので
結局時間はかかるんだよねぇ。

と言うわけでチョイスしたのは、絆の常連から作りかけを貰ったザクスナ。
これだと継ぎ目部分は接着済みで継ぎ目消しだけやれば良いので
結構ラクに作れる・・・と思ったのが間違いだった。
一応、接着材を多めに塗って、パテ無しで継ぎ目処理できるようには
してるんだけど、はみ出しすぎて他の面まで接着剤が垂れてたり
そこを触って指紋ベッタリだったりと表面処理がやたら手間かかった(泣)
まぁ、何とか処理は出来たけど、接着面が変色してたりするので
結局は全塗装しないといけないなぁ、コレ。

で、普通に作るのも何なので、これまたガンダムUCに出てくる
シンブ隊のカークス少佐仕様で作る予定。
と言っても、頭部に若干ディティール追加するだけだけどね。
今日は時間無いので、この辺は明日に作業予定。
できれば明後日には塗装に入りたいところ。

機体の来歴的には久々に汚しまくれるので、ちと楽しみ。
やはりMSは汚してナンボだよねぇ。
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 模型製作

2009年10月11日

私の愛馬は凶暴です

と言うわけで、会社行事も早めに終わって夕方には帰宅できたので
昨日日記に書いたとおり、MGガンタンクをパチ組み。

私のガンタンクはさほど凶暴ではないけどね、拠点にはカルカンするけど(笑)

さすがに普通のMSとは全然違う構造な上にいろいろギミックがあるので
組むのに少々手間取ったけど、キット自体は組みやすい。
慣れてない人からすると履帯はおそらく面倒くさいだろうけど
精度が高くてパチパチ組める可動履帯はやはり楽しい。
ただ、ピンとかめっちゃ細いのでエナメル塗料でウォッシングとかしたら
一発でバラバラになるだろうなぁ。
そういう意味ではタミヤが付けてる接着可能なベルト履帯も
なかなか捨てがたいんだが・・・

足回りはABS成型のサスペンションが入ってたり、
中央と左右の走行装置が独立して可動するので、かなり表情豊か。
ただ、その分繊細に出来てるので、ガシガシ動かすのは怖いけどね。
ってか、可動範囲は見た目より広くなってるけど
その分カッチリしてないというか、なんとなく納まりが悪い。
見た目どおりの可動範囲だと商品にならんので仕方の無いところだけどさ。

しかしMG化してもやっぱりキャノンの給弾システムはよく分からんね。
背部のスラスターっぽい部分の内部にベルト状に砲弾が入ってて
胴体内部に給弾ベルトらしきパーツが入ってたので、
その流れで給弾するんだろうけど、排莢とかどうするのかと。
その辺考えるとやっぱり砲尾部分を機体後方へオーバーハングさせて
背面に給弾装置を装備するのが自然な感じがするなぁ。

あとやっぱり上部コクピットは意味が分からん(笑)
ガンタンクの射程だったら目視砲撃は意味無いと思うので
コアブロックのコクピットで良いんじゃないかなぁ?
この辺何とかすればリアルっぽい感じになるだろうけど
もはやガンタンクじゃなくなるんだろうなぁ・・・

と言うわけで、とりあえず組みあがりはしたけど、こいつどうしよう?
改造はさすがに大変だからそれっぽく塗装するだけにしとくか・・・
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 模型製作

2009年10月10日

ようやく完成〜

今日の絆は連邦で1勝7敗と散々な結果に(泣)
基本こちらのバーストはやらかしてないはずなのに、
何故ここまで負けが込むのか・・・

ぶっちゃけ敗因は他店に求めるしかないので、ダラダラ書くのを止めて
今日は模型の写真集ということで(ヲイ)

RGM-89 ジェガンその1RGM-89 ジェガンその2RGM-89 ジェガンその3
AMS-119 ギラ・ドーガその1AMS-119 ギラ・ドーガその2AMS-119 ギラ・ドーガその3
遭遇戦っぽい感じで。こういう風に陳列したいところだけど、場所食うし店側も梱包大変そうだからなぁ
頑張ってみたけど、やっぱりジェガンはコストパフォーマンス悪そうだ・・・

これでベース付きで各3000円は高いか安いか・・・
今回はカラーリングで遊んだ分、汚し塗装は無し。
基本宇宙空間での戦闘っぽいからそんなに汚れんだろうしねぇ。
相変わらず宇宙機の汚しについては想像できんしからなぁ・・・

ともかくこれで陳列準備は完了。
POPも作ったし、あとは相崎との連携待ちかね?
明日は用事で昼間はお出かけだけど、夕方には帰宅予定。
サクッとガンタンクでも組もうかねぇ・・・
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作

2009年10月08日

やっとこさ・・・

ジェガンのマーキング貼り完了。
ってか、やっぱりデカール貼りづらいよ、コイツ(泣)
広い面が無いのでマーキングの集中という手が使えないのは
こないだ書いたけど、CAUTIONマークも貼りづらい。
で、気づいたんだけど、ジェガンって連邦機のくせに曲面が多いから
連邦系のマーキングが微妙に似合わんのよ。

おかげで一番多用したのがシナンジュ用のデカール(笑)
他はMk2ver2.0で、間を汎用デカールで埋める感じかね?
これで密度感が上がったから、前ほどチープな感じでは
なくなってると思う。
それでもギラドーガと並べると、やっぱり見劣りするんだけどさ(泣)

日曜は会社行事が入ってしまったので、こいつは土曜日の夜か
月曜に陳列予定。
それまでにギラドーガのマーキングと仕上げのグロスコントロールと
ベースの用意と・・・何かいろいろあるなぁ。
今週はバタバタしてて模型やってる余裕がなかったってのもあるけど・・・
そういやワンフェス準備もそろそろ取り掛からないとなぁ。
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作

2009年10月04日

量産機の日

今日は一日引き篭もって模型製作。
ちょっと前に素組みしたまま放置してた逆シャアのジェガンと
ギラドーガを塗装してた。

並べてみると、これで¥300円しか違わないのは何かおかしい気がする・・・

ジェガンはガンダムUCのリゼルと同じパターンのカラーリング。
色変えたら全然印象が変わってしまった。
ってか、こんな感じのがスパロボに居たような気が・・・
で、思ってた以上に地味になったので、マーキングでアクセントを
加える予定。
このままだとギラドーガに圧倒される(笑)

で、ギラドーガの方は同じくガンダムUCの袖付き仕様。
一見胸や袖の飾り部分のみの塗装にも見えるけど
ギラズールの塗り分けに合わせてるので、実は全塗装。
何か塗装前よりマッシヴな印象だけど、肩のスパイクアーマーや
シールドが基本色と同じになった代わりに、胴体に濃い色が集中したから
色の重心が中心に集まったのが原因かもしれない。
袖ははじめはプラ板でモールドを作ろうかと思ったけど
予想以上に細かくなりそうだったので、マスキングで対応。

写真にはシールドが付いてないけど、これはマーキングや仕上げの
クリアコートしてから取り付ける予定。
ただ、シールドもギラドーガの方が圧倒的にボリュームが多いので
並べる時の価格設定が困ったところ。
同じ価格だと明らかにジェガンが見劣りするからなぁ。
どれだけマーキングで盛り返せるか・・・

あとはベースを付けて今週末ぐらいにショーケースに出品予定。
でも並べるところが、圧倒的力量を誇る模型完成品販売のところの
隣になるんだよねぇ(泣)
方向性が全然違う(相手は設定どおりのMAX塗り仕上げ)ので
単純比較は出来んけど、明らかに仕上げのレベルが違うからなぁ。
果たして売れるものなんだろうか?
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作

2009年09月27日

神経磨り減る・・・

先週から取り掛かってた京阪600系(三代)一次車がようやく完成。
パッと見はそれなりに見えるようには出来たと思うんだが・・・やはり基準が無いのでよく分からん(笑)何か写真で見ると601号車のKEIHANマークがえらく歪んでるように見える・・・実物だとそうでもない(若干歪んではいる)んだがなぁ(泣)

結局、車体前面のKEIHANロゴはデカールで自作。
キット付属のインレタは大きいロゴ*4と小さいロゴ*2だったので
小さいロゴを前面用に使おうと思ったら、小さすぎて使えねぇ。
一応、今日日本橋の主な鉄道模型ショップを回って
ロゴがバラ売りしてないか見てみたけど、やはり無かった。
まぁ、わざわざ「非売品」と強調してたぐらいだからなぁ。
よく見るとショボい出来だけど、遠目に見るには大丈夫・・・なはず。
ってか、ウチの設備ではこれが限界で、あとは京阪系のキットを
買ってきてそこから流用するぐらいだけど、高いからなぁ(泣)

あと、ガラスは車体裏から塩ビ板を貼り付ける方式で
車体の厚み分ガラス面が奥まってしまうので、フロントガラスだけは
はめ込み式にしたかったけど、これも断念。
ってか、はめ込んだ後の固定方法が無いから強度的にかなり不安。
本来は車体組み立て前にすべきなんだろうなぁ。
ガラス貼ってからマスキングしたほうがやりやすかったか・・・

その代わりと言っては何だけど、キットに入ってなかったワイパーを追加。
本当はもっと大きいはずだけど、雰囲気重視と言うことで。
これの取り付けが一番神経を遣った。
何せ細さ0.3mmで長さ5mm程度の金属線だからなぁ。
一本どこかに飛んでいって行方不明だしさ(泣)
そりゃエッチングパーツで20本セットとかになるわな。

そんなわけでひとまずはこれで作業完了。
今回はとても良い経験を積めた。
まぁ、次にこれが活かされる時があるかどうかは分からんが・・・
posted by HAGER管理人 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作

2009年09月24日

さすがに小スケールはツラい・・・

一昨日実物を見に行った京阪600系の製作(と言うか塗装)を開始。
まずは屋根と足周りを茶色系と黒でやりすぎない程度に
エアブラシで塗装。
この辺は戦車のテクニックでそれっぽく塗れた。

車体前面右上の旧京阪マークは削り落とし。
当然塗装する必要があるけど、屋根の縁とか前面に繋がる部分で
謎の斜め塗装部があるので、その辺はマスキングして
調合した薄緑色でエアブラシ。
う〜ん、パッと見は分からんけどよ〜く見ると微妙に色が違う。
まぁ、マーキングが入る部分だからあんまり目立たんとは思うが・・・

濃緑色は元キットに盛大に塗り残しがあったので、
こちらも調合した塗料をマスキングしてエアブラシ。
やっぱり微妙に色が違うけど、グラデーションっぽく処理したから
光の加減みたいな感じで誤魔化せる(笑)
ってか、やっぱり調合でズバリの色は難しいよ・・・

あと窓の桟とかは塗ってあるんだけど、あくまで表面だけで
プラの断面にあたる部分が塗装されてなく基本色が見えてて
オモチャっぽさ全開だったので、こちらもリタッチ。
とどめに凹モールドに薄くスミ入れしてほんの少し立体感を強調。
この辺はモールド極小なだけにやけに神経遣った(泣)
Nゲージなんで1/150とガンプラHGUCとほぼ同じスケールなんだけど
やはりモールドの細かさは比較にならんね。

集中が続かなくなってきたので、今日はここまで。
明日はいよいよマーキング作業。
このスケールだとズレが許されない上に転写式がメインなんで
やり直しも利かないという厳しい条件。
とりあえずマスキングテープをガイドに貼って
慎重に行くしかないね。

その後、本体にクリアスプレーを吹いて窓ガラス用パーツを付けて
窓ガラス用ステッカーやら行き先表示を貼り付けか・・・
まだまだ気が抜けんなぁ。
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作

2009年09月22日

鉄の人?いえいえモデラーです

昨日から預かり物のスケールモデルに着手。
とは言え、やはり今まで作ったことないジャンルだけに
どうにも勝手が分からない。
依頼者からは「好きに作って良い」とのお言葉を貰ったものの
方針を決めかねたので、とりあえず本物を見に行ってきた(笑)

京阪電車石山坂本線浜大津駅から発車する600系(三代)一次車601-602号車・・・とか書くとそれっぽいよね?同じく600系(三代)一次車だけど何号車か忘れた(ヲイ)こういうラッピング電車が売りらしい

場所は京阪電車石山坂本線浜大津駅。
ここを中心として琵琶湖南西部を走る石山坂本線で運用されてる
京阪600系(三代)一次車が今回の預かり物。
25年のモデラー歴の中で鉄道模型は作ったことなかったんだよねぇ、実は。

で、下調べとして巷の鉄道模型作品をググってみると、
何かみんな綺麗に作ってる感じ。
ただ、私的には電車ってボディは綺麗だけど、屋根や台車は汚れてたり
錆が浮いたりというイメージだったので、今度は実車の方をググって見ると
これがまたかなり汚れてる画像ばっかり。
まぁ、運用開始から25年(私のモデラー歴と同じか!)ほど経ってるので
仕方の無いところかも知れんけど、本当のところどうなのかが
よく分からんかったので、どうせ同じ近畿圏だしということで
見に行ったわけですな。
実車リサーチはスケールモデル作る上でできれば押さえたいポイント。

見るポイントは「どの程度、どのように汚れてるのか」ということ。
で、それなのにカメラを忘れるという大ポカ(泣)
やむなく携帯のカメラで撮ったけど、細部が全然わからねぇ。
まぁ、細部はネットの写真があるので、雰囲気だけでもと撮ってきたのが
上の写真と言うわけですな。

私が見てる間に600系は2両通ったけど、やはり相当汚れてる。
ってか、700系とか京津線から乗り入れてる800系も同様なので
全体的にメンテナンスが行き届いてないのかもしれない。
リアルさを求めるなら汚しは入れた方が良いんだろうけど
ディスプレイモデルと考えると綺麗な方でも良いしなぁ・・・と
結局迷ってる。
これに関しては鉄道模型の他のサイトも回って見てみることにしよう。

とりあえず確定したのはキットの前面にモールドされてる旧京阪マークは
削り落として新マークを付けなきゃいけないということかね?
塗装済みキットなのでそれやると再塗装の必要があるけど、
どうせあちこち塗らないといけないので、手間はそう大して変わらんと思う。
問題は今日行った店に京阪用カラーがスプレーしかなかったことだが・・・
調合・・・は自信が無いなぁ(泣)
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作