2013年12月23日

まさかコイツの写真を撮る日が来るとは・・・

昨日一昨日と忘年会攻勢で、今日はようやく一日休み。
で、部屋に篭ってドム製作をしてたわけだけど、昼飯がてらふらりと近所の中古ショップを回っていると
ショーケースにとんでもないものが!
アイアンコングPKじゃないか!!!

アイアンコングPKと言えば、アニメ版ゾイドをやったときにアイアンコングMk2(限定版)の色替えバージョンとして限定発売されたもので当然今となっては入手困難。
これまた近所のショップにコングMk2の未組み立て品が陳列されてるんだけど、ちょっとした車を買えるぐらいの値段が付いてて
「あれはさすがに手が出んなぁ・・・」と思ってたところだっただけに、レア度はMk2よりは落ちるもののまさかこんな近所でPKを目にするとは・・・

ショーケースのは組み立て済みでシールも雑に貼っているものの、目に付く範囲でも欠品は無し。
これだと値段は・・・と思ったら、驚きの低価格。
定価よりは高いけど、レア度を考えると破格。こないだジャンクで買ったウルトラと同じだもんなぁ。
当然即購入。

帰宅後確認すると追加パーツの高々度ミサイルを取り付けてる軸が折れていることが発覚。
梱包時にブースターやビームカノンは外してたのに明らかに邪魔なミサイルだけそのままだなぁと思ったけどやはりこういうことだったか。
そりゃ完品であの価格は無いよなぁ(笑)
と言っても、ウルトラに比べたら全然余裕のレベルなので、速攻補修完了。
ついでに雑なシールもすべて剥がして一旦台紙に戻しておいた。

と言うわけで、同一カラーのフロストイグアンと記念写真。
20131223.jpg
国境の橋争奪戦の時に来てくれたのはコングMk2なので厳密には違うんだけど、この二機が健在で並ぶのは夢の光景ではある。
フロスト中佐がもう数時間持ちこたえていたら・・・まぁ、そこで撃破されてしまうのがバトルストーリーの良いところなんだけどさ。

そしてコングMk2量産型との記念写真。
20131223b.jpg
量産型の方は絆の常連さんからの頂き物で、これも今となっては割と貴重品。
今度会えたら是非お礼をしたいんだけど、引越しして絆も辞めちゃったみたいなのが残念。

ゴジュラスの方は限定型も量産型も特徴的なキャノンは健在なのであんまりイメージが変わらんのだけど
コングは量産型では右肩のビームキャノン、左手の連装ビーム砲、背中の高々度ミサイルがオミットされるというかなり残念な仕様だったから
今回PKが手に入ったのは本当にうれしい。

そういや中学生当時もMk2自体は持ってなくて、普通のコングに武器セットを付けたものだったから実は限定版入手は初だったりする。
これでゴジュラスの方も限定型かジ・オーガが入手できればバッチリなんだけど、あっちは売ってるのを見たことすらないからなぁ・・・

と言うわけで、予定外にいいモノを入手できた。
で、問題はこれをどこに置くかだが・・・(泣)
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/83039870

この記事へのトラックバック