2013年10月09日

手負いの超獣を保護しました

格好良いよね、手負いの超獣。
単にジャンク品のウルトラザウルスを入手しただけなんだけどさ(笑)
20131009.jpg

ジャンク品と言うことだったので購入時に確認したところ、首の途中にあるはずの
レーダー室が基部ごと無くなっているのと、武装類が欠品しているとのこと。
帰宅後確認したら確かに胴体前の8連装魚雷発射管や前足のミサイルポッドの片方、
尾部の砲やミサイルも一通り無い状態。
あと、腹部のビークル格納庫のスロープや頭部点灯用の電池ボックスも見当たらない。
頭部や格納庫に搭載されるビークル全3機が残ってるのは幸いだったけどね。

ただ、帰宅中に自転車の車輪に巻き込んでしまって、
右後ろ足と尻尾の根元をへし折ってさらにジャンク度を上げてしまったのが痛い(泣)
幸いポッキリ折れていたので、そっちは何とか修理できたけどさ。
とりあえずモーターは生きてて歩行するところまでは確認済み。
まぁ、転売とかするつもりもないので、不足分のパーツは自作して
飾っておくことになると思うけどね。

ウルトラ自体は初代のを持ってたんだけど、まとめて捨てられて以来
再販時にもスルーしてしまったので、実に25年振りぐらい。
当時はあんまり好きじゃなかった記憶があるんだけど、何でだったっけ?
今見ると実に格好良い、色以外(泣)
旧カラーは実に共和国軍らしい色だったけど、新カラーは中途半端というか
やはり銀色はゼネバス帝国のカラーだと思うわけだよ。

ゴムキャップの色が昔のままなら全塗装しても良かったんだけど
色が黒になってしまってるから、旧カラーだと全身黒になってしまうんだよねぇ。
そういう意味ではゾイドのゴムキャップは差し色として機能してなんだなぁ、と。
キャップの色からするとゴジュラスカラーが似合いそうではあるけど
今度はキャノピーのオレンジ色が・・・
銀をグレーに変えてあとは塗りわけ追加でいいかな?これは。

さて、問題はコイツの置き場所だけど・・・
何気に全高はデスザウラーよりデカいんだよなぁ、コイツ。
頑張って本棚を片付けるしかないか・・・
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77820735

この記事へのトラックバック