2012年04月27日

君は蒼い涙を見たか

と言っても、ナディアやらガンダム戦記(PS3の)ではない。
今日、バンダイから(個人的に)待望の新シリーズArmor Girls Projectの第1弾、
ISのセシリア・オルコットが発売!
彼女のISがブルー・ティアーズなのだよ明智君。

女の子+メカというベタな組み合わせが私の大好物なのは周知の事実だけど
どうにもメジャーな嗜好ではないらしくせいぜいストライクウィッチーズ止まりで、
立体物のメカ成分が不足気味だったんだよねぇ。
ISは作品自体はともかく(ヲイ)メカ成分としては割とイイ線行ってたので
この商品化は嬉しいところ。
しかも第一弾が彼女と言うのは、オルコッ党の私を狙い澄ましたかのようだし(笑)

amazonの見本写真の時点ではボリュームは問題ないものの、顔の造形とかが
ちょい微妙な感じがしてたから予約はしてなかったけど
箱の写真を見る限り悪くは無さそうだったので、すかさず購入。
で、帰宅後とりあえず本体のみ立たせてみる。
ちなみにこのポーズとらせるのに15分ぐらいかかってる(笑)
・・・頭身低すぎね?
いやまぁ、設定画見たら確かにこの頭身なんだけど、何と言うかイメージが・・・
ちなみにプロポーションもこの角度から見ると悪く無さそうに見えるけど
正面から映すと・・・
箱開けたときは当然この見え方だったので、一瞬後悔したのはヒミツだ!
肩幅については仕方ないにしても、腰周りの隙間は何とかならんかったものか・・・
可動範囲を保持力を考えるとこうならざるをえなかったのかも知れんが(泣)
これ見るとパッケージの写真は上手く撮ってるなぁと思う。
構成力の勝利だね、こりゃ(笑)

で、手足のみISを部分展開。
何だろうと思ってたらパトレイバーの作業レイバーに似てるんだ、コレ(笑)
何かスゲェ雑魚メカっぽい(笑)
本体の関節はfigma程度だけど、メカ部分はかなり動く。
特に膝?関節なんかはあちこち連動して結構面白い仕組みになってる。
その代わり中身スカスカだけど(笑)
ただ、これらのパーツを支えるのが本体の肩および股関節ってのがかなり不安。
あんまりガシガシ遊べないなぁ、こりゃ。

そして本命の大型ビームライフル&ドラグーン(違)装備。
何かSガンダムの旧キットパッケージを思い出す・・・
やはりブルー・ティアーズはこれ持ってこそだね。
序盤以降さっぱり当たらん武器になってたが(笑)

コレで周囲のドラグーンがキレイにまとまってくれてればバッチリだったんだけど
やはり周囲に浮かんでるとなればこうするしかないところか。
とりあえず側面&背面写真を・・・
20120427e.jpg20120427f.jpg
もう背面写真なんて、髪の毛が無かったら完全にメカじゃねぇか。
でもメカ成分としてはこれぐらいは欲しいところだね。

と言うわけで、本体の出来はイマイチだけど、パッケージとしては悪くない。
あとはもうちょい各段階での修正が必要かもね。
シリーズ第二弾は明貴美香氏のデザインのウイングガンダムアーリータイプ少女らしいが
こちらも明貴氏の絵と印象&頭身が違うのが問題点。
まぁ、「ガンダム」だし、こっちはスルーにするかな。
それにしても、続くビジョンが見えないなぁ、このシリーズ・・・
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55559308

この記事へのトラックバック