2012年01月08日

やはり日本製なのか?

前々から不満に思ってたサブディスプレイ(LG製21.5インチ)の買い替えをついに決意。
現在のメインモニタはナナオ製17インチだけど、すでに10年近く前の製品なのに
これがまた性能が良いのよ。
デフォルト状態で発色も自然だし明るさも適度。
何より視野角が異様に広いから多少変な角度から見てもキチンと見える。

その点、サブディスプレイの方は視野角(特に縦方向)が狭く、
ちょっと角度が付くだけで色合いが微妙に変化するんだよねぇ(泣)
と言うわけで、今回は視野角をメインに財布と相談しながら機種選択。

液晶ディスプレイのパネル方式としてはTN、VA、IPSとあるんだけど
視野角についてはIPS方式が一番優秀とのこと。ただ高価(泣)
で、ウチのナナオのを調べると古いにも関わらずIPS方式だった。
そりゃ視野角広いわけだ・・・
ちなみにLGの方はTN方式で視野角においては一番狭い。でも安価。

で、実際店頭に行って比べると、なるほどIPSとTNじゃ全然違う。
VA方式のは店頭に無かったので調べれなかったけど、
こりゃIPS形式一択だな、と。
あとは機種だけどそこで目に留まったのがLG製のIPS方式ディスプレイIPS225。

他のIPSモニタがTN方式より+2万ぐらいするのに、これだけ+5000円程度。
店頭にナナオのと並べてデモ表示してたのでしばらく見てたけど
発色がちょい赤めな程度でさほど遜色は無さそうに見えた。
視野角の方も問題なさそうだったので、価格に負けて購入。

帰宅して早速接続。
・・・何だ?この明るさ。
デフォルト設定だと妙に明るすぎたのでナナオのに合わせる感じで設定したけど
店頭で見たときは他のディスプレイもあまり変わらんかったので
今の液晶ディスプレイはこれぐらいの明るさが普通なのかなぁ?
色合いについても店頭のは赤みが強く感じたけど、ウチの環境で見ると
逆に青が強かったので、デフォ設定からRGBを弄って調整。

で、問題の視野角だけど、カタログスペックは上下左右ともに178度なので
前面から見る限り視野角は確保されているはず。
なるほどほぼ真上や真横から見ても画面はちゃんと見える。
ただ、ディスプレイ正面を基準に上下45度、左右60度近辺に
色が暗くなる層が存在するのは何故だろう?
ちなみにナナオのにはそういう層は存在してないんだが・・・

まぁ、それでも前のに比べたら遥かに優秀だから失敗したとは思わないけど
やはりその辺の信頼性では日本製を選ぶべきなのかなぁ?
こういう問題がパネルに起因するものだったら、同じものを使っている限りは
日本製でも変わらんとは思うけどね。
とりあえず、しばらくはこれで様子を見ることにしよう。
これでまたダメだと思うようなら、次はナナオ製買うか・・・
posted by HAGER管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 散財
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53017388

この記事へのトラックバック