2014年09月21日

奇跡の駆逐艦(または異能生存体)

今日はメタルボックスにてノンジャンルコンペが開催。
一応、先週ライガーゼロ・コレクティングに出したのライガーゼロE-09も持っていってたけど、
本命としてタミヤ1/350雪風を製作。
本命と言いつつ製作期間は一週間とライガーゼロよりはるかに短いんだが(笑)
今週は終盤にヘビーな作業が入ってより時間が無かった状態だったけど、何とか間に合った。

今回は初めての1/350、初めてのエッチングペーツ全面使用、初めての張り線と結構初めてづくし。
今まで艦船は1/700しか作ったことなくて、そのスケールだと作業が細かすぎて
エッチングとは張り線とか出来る気がしなかったんだよね(泣)
でもタミヤの箱写真を見ると結構あっさりした出来でもの足りない感じだったので、
このスケールなら大丈夫かな?と思ってチャレンジ!

使用したエッチングはハセガワの雪風用で、張り線はモデルカステンのメタルリギング(0.1mm)。
エッチングはさすが1/350だけあってのりしろも大きく、かなり使いやすい印象。
それでも艦橋上部のエッチング地獄は泣きそうになったけど(笑)
もっと大変だったのは張り線作業。
特にエッチングパーツの厚み部分(約0.3mm)に0.1mmのメタルリギングを点付けするのとか何の修行かと思ったよ・・・
おかげで艦橋周りの線は予定の半分程度で切り上げ。
それでも4時間ぐらいかかったから、予定通りやってたらどれほどかかったか・・・

とりあえず基本部分を組んでからリノリウム部分と艦底のみ塗ってマスキング。
その後エッチング取り付け&張り線まで終わらせてから呉工廠カラーを塗ると言う算段。
で、そこまで組んだのがコチラ
20140921a.jpg

結構エッチングパーツを使ったのに思ったほど金ピカにならなかった。
まぁ、メインが手摺とアンテナ支柱だったから仕方のないところだけどね。
それにしても同じ1/350なのに結構ディティールが違ってて、エッチングもちょこちょこ調整が必要だったよ。

その後細部塗装をして、完成したのがコチラ
20140921b.jpg20140921c.jpg

う〜ん、写真で見ると至って普通だよなぁ。
ガンプラみたいに可動するのならポーズ変える事もできるんだろうけど、艦船じゃそれも出来んし。
と言うわけで、特にコメントもないので以下細部写真。

20140921d.jpg20140921e.jpg

一枚目は艦橋&第一煙突周辺のアップで、二枚目は後部マスト周辺のアップ。
見せ場的にはやはり艦橋周辺の張り線と後部マストの13号電探かなぁ?
電探の方は写真ではほぼ見えてないけど、さすがエッチングパーツといった精密さだった。

塗装は基本はクレオスの呉工廠色で、あとはタミヤエナメルのつや消し黒とフラットブラウンで
軽く汚しをした程度。
ここまで作ってそのあと本格的に汚すのはちょっと怖い。
まぁ、雪風は戦後の引渡しの際にキレイだったみたいなので、結構掃除されてたんじゃ?ということで(笑)

というわけで、完成してすぐにメタルボックスに持ち込んだわけだけど、他の方の作品が相変わらずスゲェ・・・
今回のコンペの模様については後日メタルボックスの店長ブログにも記載されると思うけど
何かノンジャンルでは太刀打ちできないレベルな気がした。技術的にもネタ的にも(泣)
技術は何とかなるとしてもネタに関してはどうしようもないかなぁ・・・

ひとまずこれで直近の模型イベントは完了。
次は10月中旬のワンフェス本申請。
さぁ、まだ何も着手してないぞ!(泣)
posted by HAGER管理人 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103832199

この記事へのトラックバック