2016年12月23日

スタンドリバー参戦記

大洗への旅行から帰ってきて、これから年内は原型製作に専念・・・と思ってたんだけど
無精者が病気で来れなかったために使用できなかったチケットの処理に困っていた。

回数券の期限は2017年2月初めぐらいまででワンフェスには使えない。
年末年始の繁忙期にも使えないから帰省やコミケにも使えない・・・
手っ取り早いのは金券ショップに売ることだけど、当然買う時より安くなってしまうので差額分が丸損・・・

さてどうしたもんかと思っていたところに飛び込んできたのが、コトブキヤ立川本社にて開催される
「第一回スタンドリバー会戦」の情報。
これはコトブキヤ製HMMシリーズゾイドプラモデルの発売10周年記念イベントで要約すると
「みんなでゾイドのプラモ持ちよって騒ごうぜ!!」と言うもの。
加えて同日イベント終了後に、来年5月大阪で開催予定のゾイドイベント「第7回ZAOD」のキックオフ飲み会も開催とのこと。

ZAOD自体は大阪開催ということで参加するつもりだったけど、キックオフ飲み会とスタンドリバー会戦は遠方での開催だし基本スルーの方向で考えてた。
ただ、前述の新幹線の切符がどうにも捌けない。
「これはスタンドリバーに参戦する運命なのか?」とか思いつつ切符販売候補に当たってみるも全滅・・・
めでたくイベント参加する覚悟が決まった(笑)

ただ、イベント直前に発売されるコトブキヤゾイド10周年記念商品「ゴジュラス・ジ・オーガ(GTO)」の
予約もしていて懐はだいぶ寒い(泣)
しかもZAODキックオフ飲み会に参加したら確実に日帰りはムリなので一泊コース。
相変わらずボーナスも出ないので厳しいところだったけど、切符&宿泊費用は何とか用意できた。

問題は参加機体。
今回のイベントは共和国軍&帝国軍に分かれてポイントで勝敗を競う方式。
一人あたりの持ちポイントは決まってて、大型ゾイドほどポイントは高いけど参加機体は少なくなることになる。
レギュレーションもちょい厳しめで、最低でも塗装は必須できれば改造しているゾイドで
明らかに他社版権のパーツはNGというもの。

手持ちのHMMゾイドで塗装or改造しているものとなるとあまり多くない。
共和国1体、帝国5体だけ(笑)
どちらか選べと言われたら帝国一択だったのでそれは構わないんだけど、問題は部隊編成とレギュレーション。

一人あたりの持ちポイントは12で、手持ちのコトブキヤ製帝国ゾイドは以下。
・イグアン(4ポイント):HMMプテラスの翼を付けたフロスト中佐仕様。レギュレーション○
20161223a.jpg

・ライジャー風ライガーゼロ(6ポイント):自作パーツとトミー製ゾイドのパーツを少々使用。レギュレーションたぶん○
20161223b.jpg

・ライガーゼロイクスPK仕様(6ポイント):トミー製イクスのアーマーを加工して装着。レギュレーションたぶん×
20161223c.jpg

・アイアンコングMk2量産型(12ポイント):トミー製ブースターを加工して装着。レギュレーション△
20161223d.jpg

・デスザウラー(12ポイント):HMMゴジュラスにトミー製デスザウラーの外装を被せてる。レギュレーション×
20161223e.jpg

・・・う〜ん、微妙。
とにかく問題なのが「明らかに他社版権のパーツはNG」というもの。
コトブキヤのブログでもガンプラとかがNGというのは書いてたんだけど、本家であるトミー製ゾイドのパーツの扱いについては言及されてなかった。

判断に困っていたところ、twitterでヤマザキ軍曹(グレートメカニックで活躍中のモデラーでHMMシリーズの設定担当)が
裏情報で「とにかくHMMのパーツ使ってればOK」を投稿してくれたので方針が決まった。
ここはデスザウラーで行く!!

前述のとおりイベント直前にGTOが発売されるということで、どうせ会場にはGTOが溢れるだろうし
(パーツのボリューム的にGTO自体を組むのは間に合わないだろうけど、先に出来てるゴジュラスに武装だけ追加で組んだら間に合う)
その場合帝国軍にはボリュームで対抗できる機体が無いんだよね。
アイアンコングとデススティンガーがゴジュラスと同じ12ポイントだけど、並べるとボリュームの差は歴然。

その点、ゴジュラスベースのデスザウラーなら圧倒はできないけど対抗ぐらいはできるはず。
設定だったらゴジュラス10機でもデスザウラーには勝てないんだけどね(笑)
ただ、おそらく会場に持ち込まれるゴジュラスはGTO仕様になっているだろうから、やはり不利・・・
さてどうしたもんかと考えてる時に目に留まったのが、部屋の隅に積まれてたアイアンコングPK。
こいつのパーツ使ったらデスザウラーMk2にできるじゃん!!

実はゴジュラスベースのデスザウラーを作った時点でMk2の構想はあったんだけど
デスザウラーMk2の姿というのがいまいちはっきりしない。
有名なのは帝国軍大型武器セットのパッケージ写真のデスザウラーなんだけど
首の後ろに8連ミサイルとウイングブースターだけを装備してて取って付けた感が格好悪いんだよね。
20161223f.jpg
記憶ではデスファイターみたいに背部ファンに被せるようにアイアンコングMK2のバックパックを付けてるのがあったと思うんだけど
ググってみてもその仕様が見当たらない。

HMMのバックパックも形状的に上手くフィットせず試行錯誤を繰り返してた時、
おそらく学年誌であろう画像に8連ミサイルとバックパックの両方を装備した仕様を発見!!
ちょっと記憶とは違うけど、これと武器セットのパッケージと合わせればボリューム的には結構いけるんじゃね?
20161223g.jpg

問題は装備の取付方法。
トミー版ではファン上部のあるハードポイントにコネクタパーツを取り付けて8連ミサイルとウイングブースターを装着するけど
手元にトミー版のウィング基部のパーツが無い。
上手い具合にアイアンコングPKのランナーにハリー用ダークホーンの不要パーツが入っていたので
これとプラ材を使って8連ミサイルとウイングブースターの基部をでっち上げ。

バックパックは当初は腰部にアダプタパーツを自作して単独で固定するつもりだったけど、
どうにも不安定だったので上記の自作基部に5mmポリキャップの接続部を追加してぶら下げることにした。
20161223k.jpg

右側面のビームキャノンは接続アームの途中にエネルギーチューブが接続される仕様があまり好きじゃなかったので
展開式スコープと差し替えれる接続部を自作している。
一応トミー製のビームキャノンのオマージュ(笑)
それに伴ってビームキャノン接続部もハリーホーンのものに変更して、アームとの接続部は自作。
20161223l.jpg

左側面の長距離ミサイルはトミー製だとアダプターを介して左腕のハードポイントに装備するはずなんだけど
さすがにどうかと思うのでバックパック接続に。
接続部はアイアンコングMk2量産型を作った時に余ったアームを流用し、ミサイル基部はプラ材で適当に。
ミサイル誘導用ということで旧武器セットからセンサーパーツを流用。
20161223m.jpg

左腕の二連ビーム砲はキットのままで接続部のみ自作。
エネルギーチューブは結構面倒くさかったけど、ドラゴンのマジックトラックに比べたらだいぶマシ(笑)
本来なら尻尾の先にウイングが付くはずなんだけど、付けてみたら蛇足以外の何物でもなかったのでパスした。
HMMのグレートサーベルのウイングなら良かったかもしれないけど、手元に無いんだよなぁ・・・

あと、武装を増やすついでに、ウチのデスザウラーの弱点だった首関節を作り直してる。
前のは首の後ろの装甲をボールジョイントで繋いで、そこに首の前の装甲をぶら下げる構造だったんだけど
保持力不足で微妙な角度調整ができなかったんだよね。
今回は5mmポリキャップ&プラサポを多用して保持力は大幅アップ!!
アップしすぎて装甲を外さないとポーズ付けできなくなったけど(笑)
20161223z.jpg

電飾のスイッチも後頭部の装甲を開けてON/OFFできるように改良したんだけど
8連ミサイル付けたら開かなくなるという設計ミス(泣)
急遽スイッチを喉元の銀色パーツの内側に移動して事なきを得た。

そんなこんなで無事完成。
20161223h.jpg20161223i.jpg20161223j.jpg

武装を付けたおかげでだいぶHMM成分が増えた。
でも夏のワンフェスで見たGTOの圧倒的ボリュームと比べるとまだ弱いんだよなぁ・・・
とは言ってもこれ以上はどうしようもないので、現地では頑張って格好良いポーズを取らせよう。
20161223n.jpg

デスザウラーがNG食らった時のために、予備隊としてライガーゼロ二体も梱包。
デスザウラーがNGだとイクスもダメそうなんだけど、アイアンコングMk2を持って行くのは体積的にムリ(泣)
その後twitterにこのデスザウラーの画像を上げたらヤマザキ軍曹からOKを貰えたので一安心。
ただ、梱包は終わってたのでライガーゼロ二体もついでに持っていくことにした。

そして迎えたイベント当日。
受付開始10:00に間に合わせるべく、4:30起床→5:00出発→6:00新幹線(始発)乗車→8:30東京から快速で立川へ。
前日が勤め先の忘年会でだいぶ眠かったけど何とか予定通りに立川到着。
駅前はややこしそうだったけど、動画で予習してたので迷わずにコトブキヤ本社に到着。

本社前で同じく関西より参戦のマッスルゾイドバス(ゾイバス)さん&ヤンさんと合流。
お二人は前日から立川入りしてたけど、低気圧の中飛行機に乗ってきたのでお疲れのご様子。
オシャレなオフィスビルという感じの社内に入り、会場のホール前に行くとすでに30人ほどが入場待ち。
ZAODで見た顔が結構いたけど、すいません、名前と顔が一致しません(泣)

10分ぐらい待ったところで入場開始。
受付はどうするんだろうと思ってたら、会議室でセッティングして受付に持っていくという流れだった。
会議室はあまり広くなく、同時に作業できるのが6人程度。
そのため一人当たりの作業可能時間は10〜15分ぐらいしかない!!

組立自体は5分程度でできるように考慮してたけど、格好良いポーズについては調整に時間かかるのでパス。
とりあえず受付してから会場で調整しよう・・・と思ったら、なんと受付後会場には入れず設置はコトブキヤスタッフが行なうとのこと。
マジか!!ウチのはある程度ガッシリ作ってるからまだ良いけど、改造ゾイドとか製作者以外が触るのって結構難しいんじゃ・・・
でもその辺はさすがプロ。
設置については特に大きな不満は聞こえてこなかった。
私のも考えてたのとは違ってたけど、堂々とした感じで格好良く置いてくれてた。
20161223p.jpg

開場まで時間があったので、ゾイバスさん、ヤンさんと会場で知り合ったたかしさんの4人でファミレスで時間を潰す。
たかしさんは関東の方とは思えないノリノリな人で実に楽しく時間を過ごせた。

ほどなく開場時間になったので会場入り。
20161223q.jpg20161223r.jpg20161223s.jpg20161223t.jpg20161223u.jpg20161223v.jpg20161223w.jpg
司会のヤマザキ軍曹の軽妙なトークでイベントが進む。
びっくりしたのは作品一つひとつに説明&コメントする時間があったことで、作品コメントを事前に用意しておいたら
新人声優さん二人に読んでもらえるというサプライズ(事前にヤマザキ軍曹がtwitterでリークしてたが)もあった。
みんな「〜〜風に読んでください」みたいなリクエストを出して、それにしっかり応えるのは新人とはいえさすがプロ。
「プラ板」とか「荷電粒子砲」とかは読めてなかったけど、それはさすがに酷か(笑)
でも二人ともノリが良く、かなり好印象だった。これからも頑張ってほしいものです。

途中ヤマザキ軍曹とボックスアート担当のマーシーラビット氏のトークショーや
タカラトミーのゲームスタッフによるスマホゲーム「Field Of Rebellion」の紹介もありつつ
全作品の紹介が終わり会戦の結果発表・・・

意外にも帝国側でデスザウラーを持ち込んだのは私のみ。
まぁ、レギュレーション的に危なかったし仕方のないところではある。
で、共和国には案の定キャノンを背負ったゴジュラスが複数・・・
帝国側は12ポイントのデススティンガーは結構居たけど、同じく12ポイントのアイアンコングが少なく、
それ以前に作品数の時点で明らかに共和国が優勢。
集計の結果60ポイントもの大差で共和国軍の勝利。
勝利陣営の特典(缶バッチ)は逃したけど楽しいイベントだった。

・・・で終われば普通なイベントだったんだけど、そこはメーカー主催のイベント。
最後に強烈なサプライズがあった。
新商品として、バーサークフューラーのバリエーションとして「シュトゥルム・テュラン」、
完全新規で「ストームソーダー」が発表。
20161223x.jpg20161223y.jpg
この時の会場のテンションはかなり異常で、この手のイベント初参加の私はちょっとビビった(笑)
それとも新型メカ登場に熱くなれるゾイド好きの精神年齢が低いだけなのか・・・

これにてイベント終了だったけど、会場のあちこちで同型機の合同撮影会が勃発。
私のデスザウラーもフレームがゴジュラスなのでゴジュラス祭りに紛れ込ませてもらった(笑)
並べるとやっぱりGTOにはボリューム負けするなぁ・・・

20161223aa.jpg

会場から撤収した時にはもう19:00を回っていた。
ここからは場所をコトブキヤ本社ビル一階の居酒屋に移動して第7回ZAODキックオフイベント。
参加人数は10数人で相変わらず名前と顔が一致していなかったけど、同じ趣味を持つ者同士仲良く飲み食いできた。

20161223ab.jpg

第7回ZAODは2017/05/06、07開催予定。
年変わっても引き続き忙しくなりそうだ。

22:30お開きで参加者と別れて宿へ。
中心街からちょい離れた住宅地の真ん中にある民宿?で、アパートを丸々宿泊施設にしてる感じだった。
ウチの部屋とそう変わらない感じで過ごしやすかったけど、相当安かったのは何でなんだろうね?
まぁ、何事も無く一泊できたから別に構わんのだけどさ(笑)


翌日、持ってきたゾイドは宅急便で大阪に配送。
ゾイバスさん&ヤンさんと東京観光(靖国神社→銀座で昼飯)する予定になってたので荷物減らしたかったんだよね。

20161223ae.jpg

概ね予定通り観光し、飛行機組の二人と別れた後は秋葉原をぶらり。
BEEP秋葉原という懐ゲー系な店とまんだらけ、コミックZINと回るものの特に収穫なし。
ちょっと時間があったので今まで行ってなかった神田明神を覗いてみた。

20161223ad.jpg

ラブライブの聖地ではあるんだけど当然ながら普通の神社で、三連休の最中ということで結構な参拝客だった。
作品内でよくメンバーがトレーニングで登ってた神社裏手の階段も見に行ってみたけど、
こりゃ確かにトレーニングになるよなぁという感じのキツい階段だった。
まぁ、大洗磯前神社の階段に比べたら可愛いもんだが(笑)

20161223ac.jpg

その後新幹線の時間までラジオ会館をブラブラしたけどやはり収穫なし。
う〜ん、やっぱり秋葉原にはもはや寄る必要は無い気がするなぁ。
コミックZIN日本橋店とかできたらマジで用事無くなるぞ(笑)

新幹線に乗り、日本橋に戻ってきたのは20:00過ぎ。
今回は比較的自分のペースで動けたからか、さほど疲れなかった。

これで年内の予定は某所の忘年会のみ。
そろそろ原型が香ばしくなってきたけど、ゾイド熱が上がってる今のうちに仕上げてしまいたいなぁ。
posted by HAGER管理人 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作